山田検校の銅像と山田検校顕彰碑が江ノ島・奥津宮に置かれている理由

スポンサードリンク

山田検校の銅像

  • 像高:96cm

江の島と縁が深い山田検校の功績をたたえ、1917年(大正6年)の100年忌を記念して、山田検校の座像姿の銅造と、下記、幸田成幸(露伴)撰の顕彰碑が建てられています。

この銅造は残念無念ながら2代目の銅像です。当初の銅像は太平洋戦争の金属類回収令で供出されています。

近年、当時の銭型が見つかったことから、山田流筝曲協会の発願によって再建計画が成り、2004年(平成16年)4月元の台座に収められる形で除幕式が執り行われています。

再建した銅像の高さ96cmには意味があり、検校の晩年の姿がちょうど100㎝くらいであったことから、銅像のモチーフとされたようです。

山田検校顕彰碑

  • 撰文:幸田露伴
  • 書:小野鵞堂

銅像と同じく、山田流筝曲協会の発願によって幸田成幸(露伴)撰の顕彰碑も建てられています。

山田検校とはどういう人物?

読み:山田検校(やまだ けんぎょう)

生年: 1757年(宝暦7年)4月28日
没年: 1817年(文化14年)4月10日

尾張藩(愛知県)宝生流能楽師の三田了任の子。名は「斗養一」で「山田」は母方の姓。

幼くして失明しながらも、医師で箏奏者(琴)の山田松黒に師事。当時流行の河東節、一中節などの浄瑠璃の要素を導入し、斬新的な語り物的な箏曲の分野を確立。

後、江戸中・後期の箏曲家,山田流箏曲の流祖となる。

江ノ島に氏の碑がある理由は、氏が21歳の時に江の島に滞在し、「江の島の曲」を作曲したからである。

山田検校顕彰碑と(山田検校の銅像)がある場所

江島神社(奥津宮)の奥(しげみの中)。

関連記事一覧

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ