銭洗い弁天(宇賀福神社)の御朱印・御朱印帳の「種類・値段(初穂料)・授与時間(営業時間)・授与場所」

スポンサードリンク

銭洗い弁天(宇賀福神社)の御朱印・御朱印帳の「種類・値段(初穂料)・授与時間(営業時間)・授与場所」

鎌倉でも有数のパワースポットとして人気の、銭洗い弁天でいただける、御朱印と御朱印帳の種類や値段、購入できる時間と場所についてご紹介します。

なお、種類や値段(初穂料)は変更になる可能性があります。

銭洗弁財天の御朱印

銭洗弁財天の御朱印は1種類です。

中央に大きく「銭洗弁財天」と墨書きされています。右上には「鎌倉五名水」の朱印があります。

右下の”かまくら隠れ里”というのが、なんとも鎌倉の秘境でもある「銭洗い弁天」らしいです。ちなみに中央墨書き部分に押印されている3つの三角の朱印は執権職であった「北条氏の家紋”三つ鱗”」になります。

これは北条時頼が小銭を洗って奉納したことから始まった銭洗い信仰とのことから、北条時頼を主とした北条氏一族の篤い崇敬が寄せられてきたことを物語る朱印と言えます。

  • 御朱印の値段:300円

銭洗弁財天の御朱印帳

紺地に金色のプリントが入ったシンプルな御朱印帳です。

三角形が3つ重なった紋様は、北条家の家紋です。

蛇のうろこを連想させ、人の頭と蛇の体を持つ宇賀神にも通じます。

  • 御朱印帳の値段:1,200円
  • サイズ:16cm×11cm
  • 蛇腹式

御朱印と御朱印帳はどこで・いついただける?

  • 場所:境内中央の授与品所(社務所)
  • 時間:8時から16時(巳の日は6時から)

土日祝日や巳の日は大変混雑し、御朱印の授与には時間がかかります。

御朱印は、本来、お参りの後にいただくものではありますが、混雑時はお参り前に御朱印帳を預けておくとスムーズです。

混雑時は、神社側が用意している紙でいただくことになる場合もあります。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ