江の島島内でキレイな夕日・夕焼けが観れるスポット(場所)と日暮れ時間を‥‥‥シリタィ?

スポンサードリンク

江の島島内、特に稚児ケ淵は富士山と夕日がキレイに見れるスポットであることから「かながわ景勝50選」に選ばれているなど、江の島自体が景勝地でもありまする。

これは江の島が島であり、広大な太平洋に面し、水平線の彼方までも見えるほど見晴らしが良いことも夕日がキレイに見える理由の1つです。

このページでは江の島で夕日がキレイに見える場所をご紹介しましょう!

まず最初に‥‥‥

日暮れ時間(日没時間)とは?

日暮れ時間(日没時刻)の定義とは、厳密には太陽の縁が西の地平線の下に沈んだ瞬間です。

夕焼けとは?

夕焼けとは地平線下約1.8度の時に起こる現象とされています。つまり、太陽の形が地平線(水平線)と重なり合って削れていることを意味しまする。

薄暮も狙い目!

薄暮(はくぼ)は、日没後に起こるわずかな時間のことです。一般的に薄暮と夕焼けの時間を合わせて、黄昏時とも呼ばれまする。

薄暮の一般的な概念としては、日没後の太陽が地平線より6度程度下にある時間帯のことを言いまする。

江の島でキレイな夕日を見ようと思うのであれば、東側→(西側の間違い)へ移動しておく必要がありまする。

岩屋や稚児ケ淵も西側へ夕日が落ちていくので、カメラのレンズは西側の空や水平線を障害物のない絶好のポジションを探しておく必要がありまする。

言うなれば西側の障害物が無いところであればキレイな夕日が拝めるわけです。

江の島で夕日が見れる時間帯(日暮れの時間帯)※目安

以下の時刻は2021年現在のものですが、ココ数年間の江の島に置ける平均日没時間です。

日没時間の目安
1月16時40分4月18時00分7月18時50分10月16時50分
2月17時10分5月18時30分8月18時10分11月16時30分
3月17時40分6月18時50分9月17時30分12月16時30分

この表の時間は日没時間の目安なので、夕日をキレイに撮影するためには、上記の時間よりも早い時間帯に現地到着してカメラを構えておく必要がありまする。

なにせ夕日だけでなく、朝日にも言えることですが、日落ちはなぜか早く感じる。

遠方からお越しの場合、曇り空であれば夕日をキレイに見ることができませんので、事前に天候のチェックはシッカリと。

江の島島内で夕日がキレイに見られる場所

江の島岩屋

江の島岩屋も稚児ケ淵から至近距離ということもあり、ココからも夕日に照らされた君の横顔のようにそれはそれは美しい夕日が観れます。

岩屋のあたりは岩肌をあらわにした奇石とも呼べる岩に囲まれていることもあり、それら岩と夕日を交えた構図のまた少し異なった趣の夕日が拝めまする。

第一岩屋と第二岩屋を結ぶ連絡通路から見る夕日

岩屋で夕日を見るなら岩屋橋の途中がオススメ!

江の島岩屋の場所(地図)


スポンサードリンク -Sponsored Link-






稚児ケ淵(ちごがさき)

冒頭でもご紹介した「かながわ景勝50選」の場所です。

岩棚の上から撮影するか、レストハウスという建物の2階にある展望台からも撮影できまする。

レストハウス2階の展望台は地元民以外、知らない人が多いのか、平日はわりと空いているのでオススメでゴンす。

なんなら夕日を見ながらLOVE💕を耳元で囁くのもOK〜!

⬆️ジャパニーズ富士YAMA!GOGOGO!

贅沢に江の島パーンケーキのテラスから眺める夕日もオススメ

稚児ケ淵の場所(地図)

江の島シーキャンドル(展望灯台)

江の島シーキャンドルは高さ約60メートル。江の島で最も標高のある山の頂に建てられていることから、事実上、このシーキャンドルは江の島で最高峰の場所でゴンす。

ここからも絶景に近い形で夕日が観れます。

ただ、シーキャンドル内部では三脚が立てられないので、ご注意を。オホ

それとシーキャンドルは屋内展望台と屋外展望台とがあり申すが、オススメは断然!屋外展望台でゴンす。

ココもLOVE💓を耳元で囁き、トドメの一撃を喰らわせるための絶好こぅこぅコケッコ〜なロケーションでゴンす。….なんやそれ

LOVE💗を耳元でささやく際の注意点としては、くれぐれも「クスぶったっ!なにすんねんこのアホ!‥‥んんっい?!ま何か言おうとした?」‥‥‥などと言わせないように注意しましょう!

屋外展望台から見る夕日と夕焼け

⬆️⬇️ジャパニーズ富士YAMA!GOGOGO!

江の島シーキャンドルの場所(地図)

江の島弁天橋(弁天大橋)

江の島島内へ渡る唯一の橋でゴワす。

この橋の上からも富士山と夕日がフレーム内に収まる見事な夕焼け空と夕日をご覧いただけることでしょう。

夕方近くに江の島島内から運行しているバスへ乗車すると知っている地元民はバスの進行方向に対して左側の座席に腰掛けスマホを車窓へ向けています。

理由は弁天大橋を走行するバス車内から夕日が一望できるからでゴンす。

弁天橋の場所(地図)

下道途中の(みどりばし)

この道は地元民や島内への配達業車などが利用するために敷設された道です。この道の途中には東側の水平線が見通せる箇所が何箇所かあり申す。

そのうちの代表的な場所の1つが、「みどりばし」です。

 

みどりばしの場所(地図)


スポンサードリンク -Sponsored Link-






江の島アイランドスパ

弁天橋を渡った先にある海沿いに面して建つ西洋風の建物が、江の島唯一となる天然の温泉が湧き出る江の島アイランドスパです。

この建物の1階にはカフェや屋台があり、その屋台がある広場をドラゴン広場と呼ぶそうですが、このドラゴン広場でも夕陽が見れまする。

もしくは2階以上のフロアは有料とはなりますが、内部からは夕焼けや夕陽が一望でき、湯船に浸かりながらノンビ〜リとしたバスタイムを過ごすことができまする。

江の島アイランドスパの場所(地図)

西浦漁港

西浦漁港は青銅の鳥居奥から瑞心門の方へつづく、仲見世商店街の脇道から行くことができる穴場的な場所でゴンす。

穴場的な場所と呼ばれる理由は、民家と民家の間の人一人すれ違うのも困難なほどの狭い道、いわゆる路地裏を歩いた先に見えてくるからです。

その上、砂浜が狭く、江の島のパンフレットにもほぼ掲載されていません。

通常、江の島に来島した観光客はそのまま仲見世商店街を抜けて江島神社やらサムエルコッキング苑へと向かいます。

この場所へ来てみれば分かりますが、比較的空いていて、ゆったりとした雰囲気の中で静かに夕日を眺めることができまする。

彼女の耳元へ甘〜ぃ呪文じみたLOVEを炸裂させるのであれば、ココは外せないロケーションでゴンすよ。

【番外】エノスイ(新江の島水族館)

夕焼けまで江の島島内で素敵な1日を送った帰りにぜひ、立ち寄っていただきたいのが、エノスイ(新江の島水族館)がある片瀬東浜海岸です。

ココは浜辺が整備されており、三脚でカメラも立てやすく夕日がキレイに観られるスポットとして有名でゴザる。

エノスイ前の浜辺は人気があるのか、日々、大勢の人の姿が散見される。

新江の島水族館の場所(地図)

江ノ島の観光スポット一覧

関連記事一覧

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ