鎌倉・鶴岡八幡宮「舞殿」

スポンサードリンク

鎌倉・鶴岡八幡宮「舞殿」

読み方

まいでん

造営年

1193年(建久四年)

建築様式(造り)

入母屋造

鎌倉・鶴岡八幡宮「舞殿」の歴史・由来

舞殿は、本宮がある石段の下にあるので、下拝殿(しもはいでん)とも呼ばれています。

舞殿がある場所には、かつて、若宮の大きな廻廊がありましたが、1191年(建久二年)3月の鎌倉大火によって消失してしまいました。

しかし源頼朝がすぐに再建にとりかかり、2年後には現在の舞殿が完成しました。

鎌倉・鶴岡八幡宮「舞殿」と「静の舞」

舞殿は、2月の節分祭、5月の菖蒲祭、7月の七夕祭など、鶴岡八幡宮で行われる多くの行事で、祈祷が行われたり、舞や雅楽が奉納・奉奏されたりする場所です。

中でも有名なのが、4月の第2日曜日に開催されるかまくら祭の際に披露される、「静の舞」です。

静(静御前)って誰?

静(静御前)は、「牛若丸」としても知られる、源義経の愛妾(あいしょう)です。

京の白拍子(しらびょうし)で、舞の名手でした。

白拍子とは男装をして今様歌などを謡いながら舞う人のことです。

義経に気に入られて妾となり、1185年(文治元年)、兄の源頼朝と不仲になった義経が追手から逃れるため九州に向かう際にも同行しました。

しかし途中で義経が行く先を心配し、ふたりは吉野で別れ、静は京都へ帰されます。

そして京都へ向かう道中で静は捕らえられ、母の磯禅師(いそのぜんじ)と共に鎌倉に送られてしまいました。

この時静は既に、義経との間の子どもを身ごもっていました。

静の舞とは?

鎌倉に送られた静は、1186年(文治二年)4月、源頼朝・北条政子夫妻の求めに応えて、鶴岡八幡宮で舞を披露することになりました。

静にとって、愛する人の命を狙っている頼朝の求めに応じるのは非常に屈辱的なことなので、しばらくは拒否していましたが、とうとう断り切れなくなったようです。

舞台は若宮の廻廊で、現在舞殿が建っている場所だったと言われています。

静はそこで、以下のように謡いました。

「吉野山 峰の白雪 ふみわけて 入りにし人の 跡ぞ恋しき」

「しづやしづ しづのをだまき くり返し 昔を今に なすよしもがな」

吉野の山で別れた人が恋しい、

静、静と繰り返し呼んでくれた人と穏やかに暮らした過去が戻ってくれば良いのに、という内容です。

静の美しい踊りと歌は、見ていた者を感動させましたが、名前を出さなくとも、頼朝に逆らった義経について謡ったということは明白です。

幕府の繁栄を祈願する歌を期待した頼朝はもちろん怒りましたが、妻の政子は静の思いを理解し、「私が彼女と同じ状況だったとしても、このように謡うでしょう」と言って静をかばったといいます。

この時の静を偲び、かまくら祭の際に鶴岡八幡宮の舞殿で披露されるのが「静の舞」です。

静のその後

頼朝の怒りを買ったものの、政子の執り成しもあり事なきを得た静には、褒美まで与えられたとも言われています。

その後は住居をあてがわれて暮らしましたが、とうとう身ごもっていた子を出産します。

愛する義経との間の子どもでしたが、男児だったために取り上げられ、由比ヶ浜の海に沈めて殺されてしまいました。

頼朝からすると、今や敵となった弟、義経の息子を生かしておくわけにはいかなかったのです。

静は失意の中京都に帰されますが、その後の行方はわかっておらず、何歳まで生きてどこで亡くなったのかもわかりません。

静の最期の地と伝えられる場所は何か所かあり、その1つが福島県郡山市です。

鶴岡八幡宮の流鏑馬馬場には、郡山市から移植された「静桜」があります。



スポンサードリンク -Sponsored Link-







鎌倉・鶴岡八幡宮「舞殿」の建築様式(造り)・特徴

舞殿の造りは、よく「入母屋造・唐破風」と説明されます。

入母屋造(いりもやづくり)とは、屋根の上部には2方向、下部には4方向に斜面がある屋根を持つ建物の造りで、寺院や神社、城郭の、重要な建物には特に多い形です。

また舞殿には大きな向拝(こうはい・ごはい)と呼ばれる庇(ひさし)がついています。

向拝は、参拝者が礼拝する場所の屋根になります。

通常、この向拝の下に賽銭箱が置いてあり、私たちはそこまで立ち入ることができます。

また、舞殿を正面から見た時に、屋根や向拝の中央に見える曲線の部分を、唐破風(からはふ)と言います。

唐破風は、屋根の後ろ側にもあります。

唐破風の中心と、屋根の左右の妻の部分には、金色の破風飾りや妻飾りもついており、朱塗りの建物にアクセントを添えています。

壁がないというのも、舞殿の特徴の1つです。

したがって内部には通常は何も置かず、祭事の際にはその都度準備を整えています。

鎌倉・鶴岡八幡宮「舞殿」で結婚式ができる!?

鶴岡八幡宮では神前結婚式を挙げることができ、その式場となるのが、舞殿です。

壁に囲まれていない開放的な舞殿で、参列者と一般の参拝者に見守られながら、伝統的で厳かな式が叶います。

日の入りの時刻に、かがり火が焚かれる中で執り行われる1日1組限定の「幸あかり挙式」も素敵です。

説明会やブライダルフェアもあるので、気になった方はホームページで日程をチェックしてみてくださいね。

挙式の費用

初穂料20万円(幸あかり挙式25万円)

申込方法

ホームページから仮予約し、10日以内に来社して本予約

鶴岡八幡宮ホームページ(神前結婚式)

https://www.hachimangu.or.jp/wedding/index.asp

鎌倉・鶴岡八幡宮「舞殿」の場所

本宮に続く大石段の下に立つ朱塗りの建物が舞殿です。

三ノ鳥居から鶴岡八幡宮境内に入り、ひたすらまっすぐ歩くと、正面に見えてきます。

おわりに・・

静御前の有名な物語を背景に持つ美しい舞殿は、鶴岡八幡宮のハイライトの1つです。

祭事が行われている時はもちろん、何もない状態でも、ぜひゆっくりと見てみてくださいね。

鶴岡八幡宮の拝観情報や回り方の詳細は、当サイトの以下のページ↓でご紹介しています。

鎌倉・鶴岡八幡宮の拝観時間(営業時間/開門・閉門時間)・拝観料金(割引情報)・境内地図・回り方

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ