天国~!江の島アイランドスパ「えのすぱ」で大人の癒しを満喫!

スポンサードリンク

天国~!江の島アイランドスパ「えのすぱ」で大人の癒しを満喫!

「江の島アイランドスパ」の魅力と、料金や時間、駐車場、割引情報をご紹介します!

江の島アイランドスパは江の島島内入口のスパ施設。アミューズメント的な色合いなのかと思いきや、意外にも美容と美食の宝庫、天然温泉の癒やし力抜群スパとして注目度も高いのが特徴!

今回は、江の島アイランドスパの魅力を神奈川県民がまるごとお伝えします。

 

江の島アイランドスパ「えのすぱ」とは?

江の島弁財天のおわす江の島の島内に入ってすぐ、右手に見えるのが江の島アイランドスパです。

江の島弁財天といえば、名実共に和風の存在。鳥居があり、江島神社があり、江の島岩屋があり……といった江の島のイメージに、江の島アイランドスパの見た目は多少相反するのは否めません。

そのため、江の島アイランドスパを最初に見た人は「この施設は何? うさんくさい施設なの?」という感想を抱いてしまうことも……。

しかし、その実態はうさんくさい施設などではなく、江の島弁財天のご加護とお恵みをいっしんに受けることのできる、女性に嬉しい天然温泉スパ施設なのです。

しかも、館内には絶景プールもあって極上の癒しを求めることができます。

これから、江の島アイランドスパの魅力を目一杯にお伝えしていきますので、最後までごゆっくりご覧ください。

えのすぱは宿泊できません……。

江の島アイランドスパ、通称「えのすぱ」では、その施設外観や広さから「泊まれるのでは?」という噂も出回っています。

しかし、江の島アイランドスパは宿泊施設ではありません。

横浜近郊のスーパー銭湯では宿泊できるところもありますが、江の島アイランドスパは宿泊設備がなく、夜通しの営業も行っていませんので、利用時は注意してください。ウフ

未就学児入場不可!小学生は日曜だけ不可!

江の島アイランドスパが「極上の癒しを得られるスパ施設」である理由の1つに、「未就学児入場不可」ということが挙げられます。

温泉施設の中に小さな子どもがいると、走り回ったり、「走らないのー!」と叫ぶ親に遭遇したりと、なにかと騒がしいのが難点。

若い女性にとっては、女湯に小さな男児がいたりするのも、ダメとは言えないけれどもちょっとな……と思う部分はあります。

江の島アイランドスパでは、未就学児に関しては完全にシャットアウト、入場不可という形で制限されていますので、えのすぱの中で未就学児に出会うということはありません。

また、日曜日に関しては、小学生さえも入場不可になってしまいます。

大人にとっては、子どものうるさい声に邪魔されることなく、ゆったりと癒やされる温泉タイムを過ごすことができますよ! 少し混みますが、子どもがいなければ日曜日に訪れるのはおすすめです。

反面、日曜日には小学生を連れての入場ができませんので、小学生のお子さんのいるご家庭では土曜日などに訪問を計画しましょう。

 

江の島アイランドスパの楽しみ方

屋内スパ「天陽泉」

上のようなフィットネスイベントも行われている、水着エリアの「天陽泉」です。

天井はドームになっていて、太陽光が差し込むつくり。水がきらきらと輝く様子に加えて、水中にはヒーリングミュージックが流れているので、癒やし力満点です。

夜間ショー「ウォーターパールショー」あり!

光と水のショー「ウォーターパールショー」が天陽泉で行われています。

1回10分ですが、上演時間はまちまちですので、お問い合わせください。

また上演プログラムも

  • 「OCEAN ROCK」
  • 「珊瑚礁幻想」
  • 「浮遊世界」

の3つが用意されています。

屋内スパ「洗芯泉」

広いジャグジー状になっているのが「洗芯泉」で、こちらも水着エリアの屋内スパです。

ジェットバスエリアもあり、泡がはじけてリラックス効果をもたらしてくれます。

もちろん、体を温める効果もありますので、冬場にもおすすめです!

天然温泉「富士海湯」

スパの一部は、水着を着用しない男女別エリア「富士海湯」になっています。

こちらは、カップルで訪れると別々に楽しむことになりますが、特に日曜日などは子ども抜きでリラックスできるすてきな天然温泉エリアです。

絶景!屋外プール「露天泉」

昼はもちろん、夜も大好評なのがこちらの屋外プールエリア。

プールなので、水着着用で、カップルでも一緒に楽しむことができます。

晴れた日には、昼はくっきりと、夕刻はロマンチックに富士山をのぞむことができ、もうなんだかこれだけで愛が深まってしまいそうです。

あなたがもし男性なら、えのすぱの魅力を自分の魅力と勘違いさせるべく、彼女を連れて行かない手はないでしょう。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






レストラン「アイランドグリル」

館内レストランとして、サンセットが見える絶景ロケーションに「アイランドグリル」が用意されています。

お食事はここで、おしゃれに楽しむのがいいですね!

入館しなくてもOK!「江の島カフェ」

1Fにある「江の島カフェ」は、スパに入館しなくても入れる、江の島の人気カフェの1つ。

コーヒとカフェラテ、そして江の島珈琲ソフトが人気商品です。

その他(スパ、サウナほか)

館内には他に、様々なリラクゼーションメニューを受けることのできる「弁天スパ」と弁天スパの専用ラウンジ、体調管理も癒やしも請負ってくれるホリスティッククラブ、整体院「癒芽身(ゆめみ)」、入館者が使うことのできるリラックスルームがあります。

 

江の島アイランドスパの利用料金

江の島アイランドスパの利用料金は下記のようになっています。

以下でご紹介する料金・割引制度などは、2018年6月現在の情報です。
変更になっている場合がありますので、最新情報は公式ホームページなどでご確認ください。

1日中楽しめるワンデイスパ

  • 大人 2,750円
  • 小学生 1,400円(日曜日不可)
  • 平日限定 50歳以上2,200円
  • 毎週月曜日限定 中学生以上の女性に限り1,925円
  • 12~2月の毎週木曜日(祝日除く)・藤沢市民に限り1,925円
18時~ ナイトスパ

  • 大人 1,650円
  • 小学生 1,200円(日曜日不可)

※最終受付は20:00です

江の島アイランドスパのクーポンはある?

江の島アイランドスパのクーポンは、

  • H.I.S.クーポン
  • ジョルダンクーポン
  • ホットペッパービューティー
  • アソビュー

などで配布されています。

各メニューに対してオリジナルの割引が設定されていたり、割引サイトごとに独自の割引を設定しているので、割引の種類は非常に多種多様です。

割引金額は、クーポンによって500円~利用料金の10%まで様々。

ぜひクーポンサイトで、自分が利用できるものがあるかどうか、検索してみてくださいね。

 

江の島アイランドスパの駐車場

江の島アイランドスパでは、専用の駐車場はありませんが、島内駐車場を利用している場合、駐車料金サービスがあります。

駐車料金サービスには条件がありますので、あらかじめ知っておきましょう。

駐車料金サービスを受けられるのは利用料金1万円~

まず駐車料金サービスを受けられる条件ですが、施設利用料金が1レシートで10,000円以上という条件付きとなっています。

複数人数での入館料や、館内レストランや美容施設、整体などの利用料が含まれます。

最大4時間または利用料半額のサービス

江の島島内の駐車場でしたら、どこの駐車場でもサービス対象になります。

江の島アイランドスパで推奨しているのは、距離の近い江の島なぎさ駐車場です。

いずれの駐車場でも、割引になるのは江の島アイランドスパの滞在時間にあわせ、最大4時間までとなります。

また、藤沢市観光協会江の島駐車場は1時間400円の利用料金ですが、館内利用の場合、1時間200円に割引となります。

 

なぎさ駐車場、観光協会江の島駐車場を含め、江の島の駐車場に関しては当サイトの「安い順!江ノ島のおすすめ駐車場一覧!!」でチェックしてくださいね。

 

江の島アイランドスパの営業時間・お問い合わせ先

江の島アイランドスパの営業時間

通常期(夏期):3月~11月

  • スパ営業時間;10:00~22:00
  • 江の島カフェ営業時間;10:00~20:00(L.O.19:30)
冬期:12月~2月

  • スパ営業時間;11:00~21:00
  • 江の島カフェ営業時間;11:00~19:00(L.O.18:30)

 

江の島アイランドスパのお問い合わせ先

  • 住所:神奈川県藤沢市江の島2-1-6
  • TEL:0466-29-0688

江の島のおみやげなら、「【これ5選!!】しらすはここで買える!江の島おみやげ人気ランキング」もご参照ください!

スポンサードリンク -Sponsored Link-



当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ