鎌倉・長谷寺の交通アクセス・駐車場を‥‥‥知ってみたぃ?

スポンサードリンク

鎌倉・長谷寺の最寄駅と最寄バス停

  • 最寄駅:江ノ電・長谷駅
  • 最寄バス停:長谷観音駅(江ノ電バス/京急バス)

電車での交通アクセス

長谷寺の最寄駅は江ノ電の長谷駅です。江ノ電は鎌倉駅から→藤沢駅の間を往復運転している地元に根付いた昔ながらのチンチン電車です。特急や急行もないので来たらのるだけです。実に単純。

鎌倉駅から→長谷駅までの乗車時間は約15分。

 

江ノ電・長谷駅から徒歩

長谷寺へは、江ノ電長谷駅から長谷寺山門(拝観受付)まで徒歩3分で到着します。

距離約300メートル。

長谷駅で下車して、そのまま海ではなく、山側(大仏側)へ向かって大きな道路(県道35号線)を歩きます。

2分ほど歩いた先に「長谷観音交差点」が現れますので、これを左折します。そのまま直進する人も多いのですが、これはその先に位置する鎌倉大仏へ向かう人たちです。同じように行ってしまうと鎌倉大仏へ行ってしまいます。

長谷寺は大きな道路(県道35号線)から見えないのでご注意を。オホ

まぁつまりのところ、長谷駅を下車して左側の歩道を歩いていけば良いわけです。

長谷観音交差点から長谷寺の山門までは徒歩約1分少々。この通りは長谷寺へ向かう車と逆に帰る車とがすれ違い、その上参拝も多いことから通行には十分にご注意ください。

鎌倉駅からバス

江ノ電バスでは鎌倉駅から乗車し、「長谷観音」バス停で下車、徒歩5分です。

鎌倉駅から長谷観音までのバス料金は180円。乗車時間は約6分でゴワんす。

大仏→長谷寺→長谷寺駅方面のバス停

長谷観音バス停に停車するバスの系統一覧

  • 京急バス「鎌2・3・4・5・6/船7・8・9」 時刻表
  • 江ノ電バス「藤沢駅-大仏-鎌倉駅」 時刻表

長谷観音の山門(拝観受付)まで徒歩約3分

長谷駅→長谷寺→鎌倉駅のバス停(江ノ電バスのみ)

停車するバスの系統一覧

  • 江ノ電バス「七里ヶ浜-鎌倉駅」

※時刻表

長谷観音の山門(拝観受付)まで徒歩約2分

※このバス停はバスの本数が少ないので要注意!

各バス会社連絡先
  • 京急バス電話:(03-3765-0301)
  • 江ノ電バス電話:(0466-24-2714/自動車部)

乗用車での交通アクセス

横浜駅界隈→ 横浜横須賀道から「朝比奈I.C.」下車→ 県道204号を走行→ 約35分


スポンサードリンク -Sponsored Link-






長谷寺の駐車場

長谷寺には駐車場が併設されています。 

料金:普通車
  • 350円/30分

※予約および駐車場のみのご利用は出来ません。

料金:バス
  • 1,000円/30分

※バスは1時間を経過すると倍料金になります!!

収容台数
  • 普通車30台/バス4台
営業時間
  • 3月~9月 8:00~17:00
  • 10月~2月 8:00~16:30

※営業時間を過ぎると翌朝まで出庫できません

その他駐車場の利用に際しての注意事項

※駐車場内での事故、盗難等については一切責任を負いません。
※バスの駐車は、長谷寺参拝者専用駐車場のため、1時間を超えると倍料金になります。
※駐車場は全面禁煙です。
※自動二輪・原付・三輪バイク等は停められません。

駐車場のみの利用は不可!予約もできない

それと、参拝者専用の駐車場となりますので駐車場のみの利用は不可。予約もできません。

長谷駅周辺のその他の駐車場に関して、当サイトでは「鎌倉大仏(高徳院)・長谷駅 周辺・付近の安くて人気!おすすめ駐車場一覧!」にまとめております。

一度駐車して、長谷駅周辺を散策するためには、参拝者専用の長谷寺の駐車場に停め続けることはできません。

また、長谷観音の前の大通り(県道32号藤沢鎌倉線)が渋滞&混雑することも多いですので、一旦停めて徒歩で散策するのはオススメできまする。

他の駐車場情報も是非ご覧になってみてくださいな。

長谷寺には駐輪場もある!

長谷寺には、WCぅぃ〜〜(訳:トイレ)‥‥の前に駐輪場がありますが、二輪車、原付、三輪バイクの駐車はできません。

長谷寺の門前の道は道幅が狭い!お高いおベンツは要注意ザマスわよ

上掲、写真をご覧のとおり、長谷観音の山門から延びる道は道幅がせまく、車が2台スレ違うがやっとこさ‥‥‥という道幅でガンス。

特にアジサイの時期は参拝者も多いので、この状況で前から車がやってきたら、‥‥コンコン♪コンコン♪、『ぼくにお揚げをおくれよ』‥状態です。さぁ大変!どうする!どんな状態やねん よぅ分からんわ もぅ行かへん

お車でお越しの際は参拝客に要注意しておくんなせぇ。

長谷寺の関連記事一覧

関連記事:

関連記事:

関連記事:

関連記事:

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ