【江ノ島灯籠と江島縁起】五頭龍🐲と天女(弁天様)💃のセツなくなる伝説とは❓

スポンサードリンク

江の島には古来、「江嶋縁起」と呼ばれる物語がある。

江島縁起は全5巻あり、その中に天女と五頭龍についての話が巻1と巻2につづられてい‥‥‥申す。ギャっ

1047年(永承2年/平安時代)に天台宗の僧侶である皇慶が創作したと伝わるが、肝心の原本は現存しておらず、現在、2種類の転写本が現存するのみ。

その転写本の中に記されるストーリーが、美しい弁天様〜💕と五頭龍🐉にまつわるものとなる。

五頭龍と天女(弁天様)のセツなくなる物語

その昔、かつて深沢(現在の鎌倉市深沢)にあった湖の中に1つの身体に対し、頭が5つもある凶暴な龍が棲んでおった。ふぉっ、ふぉっ、ふぉっ….

悪竜は度々、嵐を起こして山を崩したり、田畑を荒らすなど、長い間、深沢の村人たちを苦しめ、挙句、災いを起こさぬ代わりに村から若いピチピチとした娘っ子を生贄として捧げるように脅迫したのじゃった。

こぅして村では毎年、ピチピチとしまくった娘っ子を生贄として悪竜に捧げ、悪竜はそのピチピチとしまくった娘っ子をムサぼりぅぃ!!Ahっ、ムサぼりぅぃ!イェイ‥‥食っておった。ふぉ〜っ、ふぉっ、ふぉっ….  どゆ反応したらエエの?

※以下、各画像は江ノ島灯籠の灯籠より拝借※

この村人たちが暮らしておった土地は「子死越(こしごえ)」と呼ばれた場所であり、それこそまさにぅぃ!龍への生贄として捧げられた若くてピチピチとした娘っ子に由来するものとされる。(”子の死を耐え忍んで乗り越える”=現在の「腰越(鎌倉市)」の地名の由来に紐づく※諸説あり)

しクぁし!

552年(欽明天皇13年/飛鳥時代)のこと。

突如、忽然と現在の片瀬海岸上に暗雲が立ち込め、天地が激しく揺れ動いた思いきや!なんとぉぅ!海上から海底が隆起して島が出来上がり、雲の切れ間から天女が舞い降りたのじゃった。ふぉっ、ふぉっ、ふぉっ….  (これが”江ノ島”の誕生と云われる説も‥)

地震の揺れが治まった頃、周りの様子が気になった悪龍は海へと向かうのじゃが‥‥‥、そこで天女と出会い、その美しさに一目ぼれしちまぃ、自らの為体(ていたらく)をわきまえずに婚姻(結婚)を申し込んだのじゃった。

しクぁし❗️

天女は叡智の持ち主じゃったため、龍がこれまで村人たちにしてきた仕打ちを知っており、何よりピチピチとした娘っ子にペぅロペぅロ….ヴぁぁ〜っ、ヴぁぁ〜っペロっ‥‥などとしておった実績を、重度の底なしクソいやァん💋龍とみた天女は、悪竜からの渾身のプロポーズをはねのけたのじゃった。 ….ヴぁぁ〜っの内容が知りたい ”いやァん龍”てなんや

ガッカリかりかりカリフラワーのモリモリ具合の如く、悪竜は仕方なく、しぶしぶと深沢の湖にケェった(帰った)のじゃったが、翌朝、悪竜は、いきり立った己を抑えきれず、朝立ち全開の本気度MAX状態で天女のもとを訪れ、『これまで苦しめてきた村人たちを護持する‼️だから結婚しちくりぅぃ….』‥‥と、愛しのラブリー天女ちゃん💕に宣言しちまぅ。(この時、悪竜の朝立ちMAX度合いに気圧されて天女は妻になったとも‥   ウソこけ

‥‥‥こホンっ!

以来、龍は村人たちと村を護持すべく、嵐の日には風を跳ね除け、ある時は、そよ風を送って田畑を潤し、夏の日差しが照りつける日には恵雨を降らせたのじゃった。

じゃがのぅ、力を酷使しすぎたあまり、龍の身体はボロボロになり、やがて村近くにトグロを巻くと、そのまま起き上がることすらできなくなってしもぅた….。

こぅして時代が下ると龍の身体は山となり果てたのじゃったが、村人たちは永年、自分たちを護持してくれた龍に対し、過去の恨みはすべて水に流すことにして悪竜を龍神として祀ることにしたのじゃ。

現在、龍がトグロを巻いて出来た山は「龍口山(たつのくちやま)」と呼ばれ、ちょうど龍の口元あたりに建てた社は「龍口明神社」と呼ばれる。

星霜経た現代に到っても村人の子孫たちが代々、悪龍を龍神として崇めつづけてい‥‥‥申す。アキャリュっ(”悪竜”をメンド臭そぅに表現)

天女の正体

なお、言い伝えによるとこの天女の正体とは、江島神社にて奉斎される弁才天とされ、例年10月上旬の土日になると龍を天女に会わせてあげるための例祭が斎行される。

また、60年に1度だけ大祭が執行されるが、その時には悪龍(五頭龍/ごずりゅう)の像を神輿に乗せてやり、天女が待つ(天女を祀る)、江ノ島(江島神社)まで氏子たち(うじこ/悪竜に苦しめられた村人の子孫たち)が神輿を担いで海を越える。

以上のように、かつて村人たちを苦しめ続けた悪竜だったが、天女への恋心が募るあまり、善龍へと生まれ変わったことになる。

そぅ考えると、女性という存在は男性の生き方をも変えてしまぅような、そんな恐ろしき霊力がそなわった存在と言わざるを得なくなる。

そこの男性諸君YO❗️女性をあなどるな❗️

かの伊達政宗公は徳川の世になってからでも、自らの寝床にあっては女人を常に添い寝させたとも云われるが、それはひとえに女人がもつシックスセンス的な超・敏感な未知の感覚を信じていたからに他ならぬぁぃと思われる。(言い方は悪いが暗殺除けの護持)ヒャっ

アニメで見る❗「五頭龍と弁天様(ごずりゅうとべんてんさま)」

藤沢市観光協会海ノ民話のまちプロジェクト)提供

漫画で見る❗️江島縁起

関連記事:icon image=”zip2″]漫画で見る「江島縁起」(江島神社提供)

関連記事一覧

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ