江島神社「辺津宮・茅の輪・むすびの樹」

スポンサードリンク

江島神社「辺津宮・茅の輪・むすびの樹」

今回は、江島神社の辺津宮エリアに集中している江島神社の見どころ、「辺津宮」そして辺津宮に付随する、「茅の輪」「むすびの樹」の3ヶ所について、詳しくご紹介します。

まずは簡単な概要、そしてその後に辺津宮に伝わる伝説や、茅の輪、むすびの樹の参拝方法等について細かく解説します。

江島神社のメインとも言える江島神社・辺津宮のすべてがわかる! ぜひ最後までご覧ください。

※金運と恋愛運をアップする!? 辺津宮の注目スポット、奉安殿と銭洗白龍王につきましては、当サイトの「江島神社「奉安殿・銭洗白龍王」」をご参照ください!

 

辺津宮

読み方

へつみや

別名

下之宮(しものみや)

造営年

1206年(建永元年)

再建年

1675年(延寶3年)

改修年

1976年(昭和51年)・・・社殿新築

屋根の造り

権現造

ご祭神

田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)

 

茅の輪

くぐることで御利益を得られる茅の輪。

辺津宮の正面に位置しています。

単にくぐれば良いというのではなく、茅の輪には正式なくぐり方があります。

このくぐり方については、記事下方でご紹介します。

 

むすびの樹

辺津宮の境内にあるご神木。

縁結びのパワースポットとして知られる大銀杏です。

むすびの樹に願掛けをすると、縁を結ぶことができると言われています。願掛けに使われるのは「恋結び縁結び絵馬」です。

願掛けの方法や、この絵馬につきましては記事下方でご紹介します。

 

辺津宮の場所(位置)

※画像は江島神社公式サイトより

江島神社の境内は、江ノ島全体に及びます。

その境内の中で、辺津宮は最中心部に位置しています。

江ノ島の入口から近く、いっとう目立つ「朱の鳥居」から、徒歩でおよそ3~5分で到着します。

 

江島神社と「辺津宮」の歴史・由来【年表あり】

江島神社の辺津宮は、慈覚上人良真の発願によって、源実朝の後ろ盾により、1206年(建永元年)に創建されました。

そもそも、江島神社の歴史自体は、『江島縁起』によれば、552年(欽明天皇13年)に端を発します。

そんな江島神社創建の歴史について、年表形式で見ていきましょう。

552年(欽明天皇13年)4月12日夜~23日朝 大地が鳴動し、天女が十五童子を従えて出現し、江ノ島を造営。神託(神宣)によって欽明天皇の詔勅が出され、「島南の竜穴(『江島縁起』原文ママ。現在の江の島岩屋)」に社殿が造営される

700年(文武天皇4年) 役小角(えんのおづの。修験者、生634年~没701年)が岩屋の社殿に参籠。神託により修験霊場を開く。その後泰澄(たいちょう)、道智(どうち)、弘法(こうぼう)、安然(あんねん)、日蓮(にちれん)といった数々の名僧が修行し、神徳を得る

814年(弘仁5年) 空海が岩屋本宮を創建(ほぼ同時に、本宮/現在の奥津宮が創建されたと推定される)

853年(仁寿3年) 慈覚大師が上之宮(現在の中津宮)を創建

1182年(養和2年)4月5日 源頼朝が江島神社へ赴く。高雄山神護寺の文覚上人が弁財天を勧請、藤原秀衡調伏の儀を執り行う(『吾妻鏡』より)。このとき、源頼朝が八臂弁財天と、奥津宮の石鳥居を奉納

1206年(建永元年) 慈覚上人良真が源実朝の力を借りて下之宮(辺津宮)を創建

1274年 元寇・文永の役

1275年(建治元年)9月23日 後宇多天皇が元寇を退けた御礼として「江島大明神」の勅額を奉納

1281年 元寇・弘安の役。

1600年(慶長5年) 徳川家康が参詣

1649年(慶安2年) 神仏習合により金亀山与願寺(きんきざんよがんじ)と号する

1675年(延宝3年) 辺津宮再建

1868年(明治元年) 神仏分離。仏式を全廃、純神道「江島神社」と称する

1970年 奉安殿創建

1976年(昭和51年) 大改築によって辺津宮の社殿を新築

年表形式で江島神社と辺津宮の歴史、由来を見てきました。

江の島という島そのものが、天女のご神徳によって作られたものであることがわかります。

その後、戦乱の世においては戦勝の女神として鮮やかな霊験をあらわし、江戸時代以降は財宝と芸術、音楽と知恵の神として信仰されました。

 

田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)とは

辺津宮のご祭神、「田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)」は、「多岐都比売命」と表記されることもあります。

一般的には、宗像三女神の一柱として数えられる女神です。

宗像三女神とは、アマテラスとスサノオの誓約においてスサノオから生まれた、

  • 市杵嶋姫(いちきしまひめ)
  • 湍津姫(たぎつひめ)
  • 田霧姫(たぎりひめ)

の三柱の女神のこと。女神たちの名前や表記には諸説あります。

江島神社においては、この三女神を、

  • 辺津宮・・・田寸津比賣命(たぎつひめ)
  • 中津宮・・・市寸島比賣命(いちきしまひめ)
  • 奥津宮・・・多紀理比賣命(たぎりひめ)

の3ヶ所にそれぞれお祀りしています。

 

田寸津比賣命の御利益は?

田寸津比賣命は単体でお祀りされることはほとんどありません。

常に、「三女神」として、他の女神とセットで祀られている神様です。

神様の性格として、

  • 海の女神
  • 財福の女神
  • 芸ごとの女神
  • 交通、運輸の女神

といった性格を持ち合わせており、これによって、

  • 交通安全、海上交通安全
  • 豊漁、商売繁盛
  • 金運アップ
  • 知恵
  • 子孫繁栄
  • 戦勝
  • 芸、音楽、弁舌

などの御利益を期待できます。

神仏習合によって弁天様と習合した女神

田寸津比賣命をはじめとする三女神は、古くは三柱あわせて「江島明神(えのしまみょうじん)」と呼んでいました。

しかし、御利益の重複から、仏教と習合するにあたって弁財天と同一視され、後世になって「江島弁天」等と呼ばれるようになりました。

源頼朝が八臂弁財天を奉納していることから、頼朝の頃には既に、弁財天信仰が確立していたことがわかります。

ただし、庶民に弁財天信仰が浸透し、多くの人が江島神社を訪れるようになったのは江戸時代以降であると言われています。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






辺津宮の巾着型賽銭箱に注目!

辺津宮の賽銭箱は、巾着型のちょっと変わった形をしています。

この賽銭箱は、「相模彫り」という地元特有の堀りかたでできているもので、お賽銭を入れるときれいな音が鳴るようにできています。

1959年(昭和34年)に、地元の商店が奉納しました。

制作者の名前は、北海道出身の鏡碩吉(かがみけんきち)氏となっています。

 

辺津宮の茅の輪の由来とくぐり方

「茅の輪(ちのわ)」とは、名前のとおり、茅(ち=「ちがや」という植物)を大きな輪に束ねたものです。

茅の輪は、江島神社への参拝前にくぐるのが正しいとされています。

なぜなら、茅の輪をくぐることによって、穢れ(けがれ)が落とされ、身を清めることができるとされているからです。

江島神社の茅の輪のくぐり方

  1. 茅の輪の前に立ち、軽く礼をする
  2. 左足を茅の輪に入れ、そのまま輪をくぐって左側にぐるりと回り、元の場所(茅の輪の前)に戻る
  3. もう一度、礼をする
  4. 右足を茅の輪に入れ、そのまま輪をくぐって右側にぐるりと回り、元の場所に戻る
  5. もう一度、礼をする
  6. 左足を茅の輪に入れ、輪をくぐったまま左向きに輪の外へ出て、その後、神前(辺津宮)にお参りする

意外にも、茅の輪は1度くぐるだけではダメで、合計3度もくぐるものなのです。

知らずに訪れてしまい、あまり清められないまま神前にお参りする方も多いようですので、ぜひかっこいい参拝の仕方を覚えて彼女にレクチャーしてあげましょう。

 

むすびの樹に縁結び祈願する方法(やり方)と御利益

辺津宮のご神体でもある「むすびの樹」は、社殿を出て右側へ少し進んだ方向にあります。

「むすびの樹」と言われるゆえんは、このイチョウの樹が、2本の樹木が1本に集まっている(ように見える?)から。

冬に剪定されてこのような姿になることも!!!!

このむすびの樹の下部に、辺津宮の絵馬を結びつける場所があります。

江島神社辺津宮の絵馬「恋むすび縁むすび絵馬」を購入しましょう。

「恋むすび縁むすび絵馬」には、

  • 片思いの恋
  • 思い描く人との出会い
  • 平凡すぎて何か足りない人に
  • 絆を強くしたい人に
  • 心から信頼し合える人に
  • しあわせになりたい人に
  • 心を和ませたい人に

と書かれています。恋愛に関するもろもろの願いを叶えてくれる、パワーアイテムなのですね。

この縁結び絵馬ですが、「既婚なので書けない」「付き合っている人がいるから」等の理由で、せっかく江ノ島を訪れたのに絵馬奉納をしなかった! という人が大勢います。

しかし、これは間違いです。

付き合っている人がいても、夫や妻がいても、その大切な唯一無二の相手と幸せなピンクの絵馬を奉納し、お互いの愛情を確かめあってください。

すてきなお付き合いに、すてきなご夫婦に、江ノ島の女神がきっとご加護をくださるでしょう。

絵馬「恋むすび縁むすび絵馬」

値段:1枚500円

販売場所:「むすびの樹」の向かい側

 

辺津宮は江島神社ナンバーワンの恋愛成就パワースポット!

江島神社全体が、恋愛成就のパワースポットと知られていますが、その中にはいくつかのパワースポットポイントがあり、辺津宮は間違いなくその1つです。

江ノ島へ訪れた際は、ぜひ辺津宮で恋愛成就、付き合っている人との進展、夫婦のしあわせを祈願してくださいね!

※金運と恋愛運をアップする!? 辺津宮の注目スポット、奉安殿と銭洗白龍王につきましては、当サイトの「江島神社「奉安殿・銭洗白龍王」」をご参照ください!

江島神社の問い合わせ先

住所:藤沢市江の島2-3-8
TEL:0466-22-4020

江島神社へのアクセスは、当サイトの以下の記事をご覧下さい。

スポンサードリンク -Sponsored Link-



当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ