鎌倉駅から江ノ島駅 までのアクセス(行き方)「電車・バス・車(タクシー)・徒歩」など

スポンサードリンク

2021年7月「東京五輪2020」に伴う「停留所の位置と時刻表」について

東京五輪2020の会場として江ノ島ヨットハーバーが指定されたことから、オリンピック期間中、停留所の位置や時刻が変更になっています。詳細は下記ページをご覧ください。

まず‥‥‥江ノ島の最寄駅の紹介から

  • 江ノ電「江ノ島駅」
  • モノレール「湘南江の島駅」
  • 小田急「片瀬江ノ島駅」

江ノ島の最寄駅は「片瀬江ノ島駅」です。江ノ島は「島」と付くだけあって陸の孤島!つまりそこから「江ノ島大橋」という橋を渡る必要があるのですが、江ノ島入口となる仲見世商店街前の鳥居までは徒歩約12分。

これは江ノ島の電車における駅としてはもっとも近い駅となりまする。

最寄りバス停

  • 江ノ島バス停(江ノ電バス)
  • かながわ女性センター(江ノ電バス)
  • 湘南港桟橋バス停(江ノ電バス)

上記3つのバス停は江ノ島島内にあるバス停です。バスは江ノ島大橋を渡って江ノ島島内まで進入します。

江ノ島神社やサムエルコッキング苑(灯台)へ行かれる方は江ノ島バス停での下車がオススメです。

海を見たいのであれば湘南港桟橋バス停。ヨットハーバーを見たいのであれば湘南港桟橋バス停がオススメです。

歩く時間を極力減らしたい方は鎌倉駅から大船駅と藤沢駅を経由して小田急を利用するのがオススメ!

冒頭でも述べた通り、江ノ島の最寄り駅は小田急線の「片瀬江ノ島駅」です。

片瀬江ノ島駅とモノレール&江ノ電の江ノ島駅とは、徒歩で約6分くらいの距離差があります。

歩く時間を極力減らしたい方は鎌倉駅から藤沢駅から小田急線へ乗車するルートもありまする。

鎌倉駅から大船駅を経由して「モノレール」で江ノ島まで行くルートもある!

大半の方は鎌倉から江ノ電へ乗車するので認知度は低い傾向にありますが、鎌倉から大船駅まではJRで2駅/7分なので混雑状況によっては江ノ電を回避してモノレールを利用する方法も選択肢に挙げられます。

江ノ電は車両が少ない上に利用客が多く、土日は午前中から座る場所を見つけるのが困難なほど混雑していますが、平日でも終日、わりと混雑しているので、人混みを回避したいのであれば、大船駅を経由した迂回ルートもオススメです。

モノレール湘南江の島駅と江ノ電江ノ島駅は近い!目視できる距離!

湘南モノレールの終点「湘南江の島駅」は江ノ電・江ノ島駅が目視できる位置にあることから、江ノ島へのアクセスについても利便性は高いといえます。

江ノ島の最寄り駅は「片瀬江ノ島駅」!

江ノ島の最寄り駅は「片瀬江ノ島駅」です。片瀬江ノ島駅から江ノ島まで徒歩13分!

他に以下、2つの駅がありまする。

  • 江ノ電の「江ノ島駅」(江ノ島まで徒歩17分)
  • 湘南モノレールの「湘南江の島駅」(江ノ島まで徒歩18分)

注意点としては、これらいずれの駅も江ノ島の島内にはありんせん。電車を降りた後は、橋を歩いて海を越えて江ノ島へ渡ることになります。

わずかに片瀬江ノ島駅のほうが江ノ島の島内まで近いのですが、微々たる差!


スポンサードリンク -Sponsored Link-






鎌倉駅から江ノ島へは意外と遠い!「電車+徒歩」または「バス」がオススメ!

鎌倉駅から江ノ島へ徒歩で行こうと思うと2時間弱の時間がかかります。

運動のつもりなら良いのですが、江ノ島観光をしたいと思っているならあまりオススメのコースとは言えません。

江ノ島に着くまでに枯れ果てて、しおれてしまいますわ!…お前は花か

鎌倉駅から江ノ島駅への電車でのアクセス

鎌倉駅
↓ 江ノ島電鉄線
↓ 乗車24分 260円
江ノ島駅
↓(徒歩約17分)

江ノ島


合計運賃:260円
合計所要時間:41分

鎌倉へ旅行しに来たのであれば江ノ電は外せない選択肢!

鎌倉駅から江ノ島までは江ノ電の利用がオススメ!

江ノ電は古くから鎌倉の地に根付いた私鉄であり、民家の間や湘南の海岸線を低速で走行する電車です。

江ノ電のホンワカ♪とした雰囲気は古くから鎌倉の文化に溶け込み、今や鎌倉を語る上では切っても切り離せないシンボルともなり得る存在です。

鎌倉へ旅行に来たのであれば、江ノ電の利用は外せない選択肢の1つです!異世界への旅、‥ノスタルジックな世界観を思う存分に体感してみてください。

鎌倉駅から江ノ島へのバスでのアクセス

JR鎌倉駅東口 6番のりば
↓ 京浜急行バス【鎌4または6へ乗車】時刻表はコチラ
↓ 乗車35分〜50分

江ノ島(バス停の場所:江ノ島島内入口)


合計運賃:310円 →320円 ※2019年10月より
合計所要時間:30分〜50分


始発;7:52(休日9:30)
終バス;16:30(休日12:30)
平均運行本数:1本/1時間

※バス時刻等は変更になることがあります。必ずご自身でご確認ください

鎌倉駅バス停6番のりばの場所(地図)

鎌倉駅から江ノ島までバスを利用するメリット

  • 鎌倉駅から江ノ島へはバスでもアクセスすることができますが、最大のメリットは江ノ島島内にバス停があるので、江ノ島大橋を歩かなくて済むということです。
  • 渋滞がなければ江ノ電よりも早く江ノ島に到着できる!
    渋滞がなければ江ノ電よりもバスの方が若干、早く到着できるので特にイベント行事のない平日に鎌倉へお越しの方にはバスの利用もオススメできまする。

鎌倉駅から江ノ島までバスを利用するデメリット

  • バスは道路を走行するので渋滞に巻き込まれるとベラボウに時間がかかる!
    とくに江ノ島大橋前の交差点は、土日祝日になると江ノ島島内の駐車場を利用する車が連なって渋滞をひきおこし、その手前をとおる海岸沿いの134号線まで影響してドン詰まりの大渋滞に陥りまする。
    この状態になると通常30分で到着できるところが、50分以上かかったりするケースもありまする〜。
  • 鎌倉から江ノ島へ運行本数は決して多くはなく、休日に至っては1日3本!
  • 鎌倉の風情を味わいたい旅行シーンでの利用には不向き!
    鎌倉の風情を体感するのであれば江ノ電の江ノ島駅から続く商店街を散策しながら江ノ島を目指すのがオススメです!
    バスへ乗車すると江ノ島島内まで行ってしまうので、鎌倉の風情を味わう楽しみが半減します。鎌倉旅行される方にとっては不向きといえるでしょう。

鎌倉駅から江ノ島への車でのアクセス

鎌倉駅から江ノ島までは、混雑がなければ20分弱の距離ですが、観光地であるだけに渋滞とはなかなか無縁ではいられないのも現実です。

特に休日の場合、実際には30~50分ほどの時間を見ておくと無難であるというのが地元民としての意見です。

ルートは実にシンプルで、鎌倉駅前から県道21号線をまっすぐに海に向かって南下します。

海沿いまで南下すると、滑川の信号で国道134号線にぶつかりますので、滑川を右折し、134号線を海を左手に見ながら、まっすぐ進みます。

海も見えますし、途中江ノ電と併走すると楽しいドライブになります(渋滞さえなければ)。

渋滞がなければ10分ほど、渋滞していれば30分前後直進すると左に「江ノ島」と「江ノ島大橋」、そしてその手前には「江ノ島入口交差点」の信号が見えてきます。この江ノ島入口の交差点を左折して、江の島大橋を渡ると、お待ちかねの江ノ島へ到着でゴンす。

※江ノ島に入る橋は、人道橋を「江ノ島弁天橋」、車道を「江の島大橋」と呼び、別の名前がついています。

なお、土日祝日は江ノ島島内の駐車場は午前中から満車になるので、できるならエノスイ(新江ノ島水族館)付近にある大駐車場の利用をオススメしておきまする。

江ノ島周辺のオススメ駐車場はココ!

土日祝は渋滞回避のため迂回ルートも考慮!

前述したように土日祝日になると国道467号線が渋滞することや、鎌倉側からの国道134号線が慢性的に渋滞をひき起こしていることもあり、これら双方の道路を避ければ、渋滞の難を回避することもできます。

そこでオススメしたいルートが下記のルートです!タクシーへ乗車して江ノ島へ向かう際はぜひ、検討してみてください。

藤沢駅から北口に回り、県道30号線「藤沢駅北口入口」信号を目指しましょう。

藤沢駅北口入口の信号を、海に向けて南側へ左折(藤沢駅側から向かった場合)し、県道30号線に入ります。

そのまま県道30号線を、10分ほど(渋滞していない場合)直進すると、海沿いの鵠沼海浜公園まで出ることができます。

T字路の「松波」信号を左折して国道134号線に入り、5分ほど(渋滞していない場合)直進すると、「江ノ島入口」交差点に出ますので、「江ノ島入口」交差点を右折します。

右折すると江の島大橋を渡り、江ノ島の島内に入ることができます。

鎌倉駅から江ノ島への車(タクシー)でのアクセス

  • 所要時間:約20分〜50分(土日は134号線が渋滞するので50分をみておく)
  • タクシー距離:8.8キロメートル
  • タクシー料金:3,300円〜8,250円(湘南界隈のいずれのタクシー会社も迎車料金300円かかる)

スポンサードリンク -Sponsored Link-






江ノ電「江ノ島駅」・モノレール「湘南江の島駅」・小田急「片瀬江ノ島駅」から徒歩で江ノ島島内までの行き方!(写真付き!)

下記ページにて詳しく写真付きでご紹介しておりまする。

小田急と江ノ電を利用するならお得なきっぷをお忘れなきよぅ!

江ノ島の風情を心底味わうには下車する駅は重要!

江ノ島の風情は昔ながらの商店街からも感じ取ることができまする。商店街のお店で販売されている土産物や、江ノ島特産のシラスなどを使った食べ歩きできる豊富な種類のグルメなどは、商店街を通ってはじめてその良さを体感して知ることができまする。

江ノ島の長閑な商店街を散策しているだけで、なんだか気持ちが晴れやかになり、旅行へ来た気分が倍増します。

片瀬江ノ島駅で降りてしまうと江ノ電・江ノ島駅前から江ノ島大橋の前まで続く商店街の風情を味わうことができなくなるので、下車する駅は旅程に合わせてよく検討してみてください。

はじめて鎌倉へ来られるのであれば、ワぁタクぅシメのオススメとしては、江ノ電orモノレール江ノ島駅で下車することを強くオススメしておきます!

そのほかの江ノ島へのアクセスルート一覧

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ