【限定御朱印あり!?】鎌倉・浄妙寺の「御朱印・御朱印帳」種類や値段をご紹介!

スポンサードリンク

【限定御朱印あり!?】鎌倉・浄妙寺の「御朱印・御朱印帳」種類や値段をご紹介!

こちらのページでは浄妙寺の御朱印・御朱印帳の種類・授与料(値段)について御紹介します。

浄妙寺がどういうお寺なのか?についての紹介は以下のページをご参照ください。
 【レストランや茶室が人気の古刹】鎌倉・浄妙寺の「見どころ・アクセス・歴史」など

浄妙寺の御朱印一覧(種類・値段)

浄妙寺では、以下の3種類の御朱印が授与されています。

「南無釈迦牟尼仏」通常の御朱印
「釈迦如来」の御朱印(鎌倉十三佛霊場)
「聖観世音」の御朱印(鎌倉三十三観音霊場)

それでは、授与していただいた御朱印の画像と共にご紹介します!

浄妙寺の御朱印の種類と授与料(値段)

①「南無釈迦牟尼仏」通常の御朱印

浄妙寺の御本尊、釈迦如来の御朱印です。

御本尊は本堂に安置されていますが、本堂内部は非公開となっています。

こちらの御朱印には、以下のような朱印が押されています。

左下には正式名称である「浄妙禅寺」とあります。

  • 右上:「鎌倉五山第五位」
  • 中央:「仏法僧宝」の三宝印
  • 左下:「稲荷山浄妙禅寺」

授与料(値段):300円

②「釈迦如来」の御朱印(鎌倉十三佛霊場)

鎌倉十三佛霊場めぐり用の御朱印です。

浄妙寺は、第2番の札所となっています。

中央の蓮の花の上に後光がさした「バク」の梵字の朱印が特徴的です。

バクとは釈迦如来を意味する梵字です。

  • 右上:「鎌倉十三仏第二番」
  • 中央:「バク(梵字)」
  • 左下:「稲荷山浄妙禅寺」

※授与料(値段):300円

③「聖観世音」の御朱印(鎌倉三十三観音霊場)

鎌倉三十三観音霊場めぐり用の御朱印です。

聖観世音菩薩像は、本堂に安置されています。※通常非公開です※

  • 右上:「鎌倉観世音第九番」
  • 中央:「仏法僧宝」の三宝印
  • 左下:「稲荷山浄妙禅寺」

※授与料(値段):300円

浄妙寺の限定御朱印

浄妙寺では、今のところ、行事や季節に合わせた限定の御朱印は授与されていません。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






浄妙寺の御朱印帳一覧(種類・値段)

浄妙寺では、複数の種類の御朱印帳が授与されています。

布製の表紙の華やかな御朱印帳です。時期により、品ぞろえが変更になります。

  • 授与料(値段):1300円

浄妙寺の御朱印授与所(場所・時間)

御朱印授与所の場所

御朱印は、山門をくぐってすぐのところにある拝観受付でいただけます。

2019年現在は工事中(2019年いっぱい程度を予定しているとのことです)のため、山門手前を右奥に伸びる道を登ったところへ移動しています。

御朱印の授与時間

  • 9:00~16:30(参拝時間と同じ)

浄妙寺の御朱印授与所「混雑状況(混雑具合)」

受付の際に御朱印帳を預けて帰りに受け取ります。

御朱印帳が無ければ半紙に書いてもらえます。

普段はあまり混まないとのことです。

【豆知識①】御朱印の歴史や由来

寺社をめぐって御朱印を集めるのがブームとなっていますが、あなたは御朱印についてどれくらいご存知でしょうか。

以下のページ↓では、御朱印の歴史や呼び方、御朱印をいただく時のマナーなどについて詳しくまとめていますので、これから御朱印集めをされる方は、ぜひぜひ!ご一読ください。

「御朱印」とは?御朱印の起源と「御朱印を設置している(取り扱っている)理由」

【豆知識②】御朱印帳の起源

御朱印をいただくのに欠かせない御朱印帳ですが、いつ頃、どのように使われ始めたのが最初なのでしょうか。

気になるあなたは、ぜひ、当サイトの以下のページ↓をご一読ください!

御朱印帳の起源「いつから御朱印帳が使われ始めた??」

浄妙寺の住所・お問い合わせ先

スポンサードリンク -Sponsored Link-


当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ