【2024年🌸高徳院鎌倉大仏でお花見GO】桜の種類や見頃時期(開花状況)と混雑具合を‥‥知っておきたぃ❓

スポンサードリンク

鎌倉大仏(高徳院)は鎌倉における花見の名所

「高徳院」という名前を聞いても首をかしげる方が多いと思いますが、高徳院こそ鎌倉大仏が座する寺院です。

付近には長谷観音(長谷寺)があるため、大仏と併せて参拝する方が多く、江ノ電・長谷駅から両寺の道中には雑貨店やグルメ、カフェなどが軒を連ね、何かと賑々しい界隈であ〜る。

そしてこの鎌倉大仏は鎌倉における桜の名所であることはあまり知られていません。

本項では高徳院鎌倉大仏の桜の種類や場所、見頃時期(開花状況)について述べる。

【2023年】鎌倉大仏(高徳院)の見頃時期or開花状況

🌸開花日:3月17日(予想)※平年4月1日(差:−4日)

🌸満開日:3月24日(予想)※平年3月25日(差:−8日)

以上の予想は、神奈川県「横浜地方気象台」に植わる「横浜の標本木」から算出💘されたもの。

🌸満開のピーク予想🌸

3月24日が満開ということはとされる3月24日を挟んだ前後の3日間くらいが見頃といえる。

例年の見頃

  • 3月下旬頃〜4月上旬

例年、桜の開花宣言の期間算出の元になっている桜が「ソメイヨシノ」であることから、世間通念上の花見の概念とはソメイヨシノが咲き乱れる3月下旬から4月上旬頃が該当します。

鎌倉は同じ関東でも東京と比較すると若干、開花時期が遅く、東京よりおおむね1週間ほど遅れて開花時期を迎えています。

例年の例ですと3月末頃〜4月上旬が見頃です。4月初旬頃に満開を迎えまする。




🌸【参考】過去の横浜(神奈川)の桜開花宣言🌸

🌸2022年の開花状況🌸


  • 3月21日:開花(平年との差−4日)
  • 3月28日:満開🌸(平年との差−4日)

2022年の神奈川(横浜)の開花宣言は3月21日に気象庁から発出されましたので、これにより3月21日から約1週間後がサクラの満開となりますが、あくまでも予想です。

つまりは満開の予想日とされる3月28日を挟んだ前後の3日間くらいが見頃といえるでしょう。

鎌倉大仏へ確認したところ、3月26日時点では咲き始めで、満開予想日が3月末頃になるとのこと。うきゃ

🌸2021年の開花状況🌸


  • 3月17日:開花
  • 3月24日:満開🌸

🌸開花宣言(開花予想)とは?

開花宣言(開花予想)は本数の多いソメイヨシノに限定して気象庁が観測した結果に基づき出されるものなので、あくまでもソメイヨシノの見頃になります。

全国主要箇所に気象庁のソメイヨシノの標本木が植樹されていますが、東京の場合、靖国神社境内に標本木がありますので、この標本木を基準にして桜の開花予想が発出されます。

開花予想は、冬の気温経過や春の予想気温から算出した結果によって決定します。

🌸気象庁の「桜の開花」の定義

桜の花ビラが5、6輪、咲いた状態のことです。

鎌倉大仏(高徳院)の桜の種類や境内の花見スポット(場所)

  • 桜の種類:ソメイヨシノ
  • 場所:大仏前、観月堂前など

高徳院の桜は例年、開花から1週間ほど経った4月上旬に満開を迎えます。

このタイミングなら花ビラにボリュームが備わり、写真写りもばっちりです。

境内には60本ほどの桜の木が植樹されていますが、見た目的に60本もあるようには見えません。

これは大仏さんの奥やその左右にも境内地が広がっているためであり、これらの境内地にも疎らに桜が植樹されているからです。

大仏さんを向かい観て右脇に見える桜(ソメイヨシノ)

門(拝観受付)を入って進んでいくと手水舎があり、まずはここで手を清めます。

そして、奥へ進むと‥‥正面にはクソデカぃ大仏さまが突如!眼前に現れます。

その大仏さんを向かい観て右脇に1本のソメイヨシノが生えています。これが鎌倉大仏でもっとも有名な桜の木です。

まさに高徳院鎌倉大仏における最大のフォトジェニックポイントです。某有名旅行雑誌などで度々、見かける写真がこの桜を前にして撮影されたものです。

桜の向こうに大仏像が見える構図は大変、珍しい光景であり、これは大仏さんが大仏殿に収まっておらず「露座」であることや、台座を含む大仏の高さが約13mもあることで実現しています。

少し前はこの桜の向かい側にもソメイヨシノが植樹されていましたが、老衰化で枯死し、現在はありんせん。

境内の植木類を管理されている方にお聞きしたところ、植樹計画では向かい側に再び植樹されるような構想はあるようですが、「今はとりあえず、有り様でお楽しみいただければと思います」とのことです。

観月堂前のソメイヨシノ

大仏さんの裏側の様子はあまり語られていませんが、実は大仏さんの裏側にも境内は広がっており、大仏さんの真後ろに建つ観月堂の前にも桜が咲きます。 

こちらからは、上半身だけですが大仏さんの後ろ姿と桜のコラボレーションも見られます。

観月堂を向かい観て回廊沿い、売店の前にも桜が観られますのでお忘れなきよぅ。オホ




その他、境内で見られる桜の種類

高徳院境内で見られる桜の種類はほぼ、ソメイヨシノです。

拝見受付の真後ろ

大仏さんの真後ろ(回廊の外)

大仏さんの前(左脇)

拝観受付前の手水舎付近その1

手水舎の後ろ

高徳院鎌倉大仏の所在地・お問い合わせ先・拝観時間

住所

  • 神奈川県鎌倉市長谷4-2-28
電話番号

  • 0467-22-0703(拝観時間内受付)
拝観時間

  • 4月以降 午前8時〜午後5時30分(入場は17時15分まで)
  • 3月まで 午前8時〜午後5時(入場は16時45分まで)
御朱印の受付(貼付用のみ)

午前8時〜午後4時30分

コロナ禍の現在、拝観時間は変更になることもあります。

詳細は下記ページや高徳院鎌倉大仏の公式サイトをご覧ください。




高徳院鎌倉大仏の混雑具合と混雑を避ける方法

境内の混雑、人出

長谷周辺は、観光スポットが集まっている場所です。

海外からの観光客も多く、高徳院・鎌倉大仏は、週末を中心に普段から大変混雑しています。

特に春の桜、秋の紅葉の時期は大混雑で、開門直後か閉門直前でもなければ、人が映らないように写真を撮るのはなかなか大変です。

長谷寺も庭園の美しさやアクセスの良さ、境内からの眺望で人気のお寺で同様に混雑します。

駐車場の混雑

高徳院・鎌倉大仏

高徳院鎌倉大仏には身障者用駐車場以外の公式の参拝者用駐車場はありません。

高徳院の向かって左側、「大仏坂」には大仏前駐車場がありますが、普通車10台程度の小さな駐車場である上、観光シーズンは大型バス専用になる可能性があります。

高徳院鎌倉大仏までの交通アクセス

江ノ電を利用の場合

鎌倉駅を経由する場合
JR横須賀線鎌倉駅で下車。江ノ島電鉄(藤沢方面行き)に乗り換え、長谷駅で下車。徒歩約7分。
藤沢駅を経由する場合

JR東海道線または小田急線藤沢駅で下車。江ノ島電鉄(鎌倉方面行き)に乗り換え、長谷駅で下車。徒歩約7分。

長谷駅から高徳院鎌倉大仏までの経路

鎌倉駅からバスを利用する場合

鎌倉駅東口バス乗り場1番から江ノ島電鉄バス、もしくはバス乗り場6番から京浜急行バスに乗り、「大仏前」停留所下車すぐ。
「大仏前」停留所の場所

マイカーでの交通アクセス

横浜横須賀道路を利用の場合

横浜横須賀道から朝比奈ICを下車、県道204号線を鎌倉方面へ。

東海道(国道1号線)を利用の場合
国道1号線を下り藤沢バイパス出口交差点を左折、県道30号線から32号線をまっすぐ鎌倉方面へ。
圏央道を利用の場合
首都圏中央連絡自動車道(境古河〜茅ヶ崎) を南下、茅ヶ崎JCTを新湘南バイパス藤沢・横浜方面に進み、藤沢バイパス/国道1号へ。

高徳院鎌倉大仏の駐車場について

高徳院鎌倉大仏には、よく寺社で見かける参拝者専用の無料駐車場などはありんせん。障害者用駐車場がありますが、現在はコロナ禍の影響により閉鎖中です。(要確認)

したがって近隣のコインパーキングなどを探す必要がありまする。

以下に高徳院鎌倉大仏周辺の駐車場を掲載しておきまする。参考にしてみてください。

鎌倉大仏から徒歩5分!長谷寺でお花見!

花の寺として有名で、四季折々の花々が楽しめる長谷寺は、お花見にもうってつけです。

桜の数は多いとは言い難いものがありますが、ソメイヨシノを中心として、河津桜、寒緋桜(かんひざくら)、しだれ桜、や併せて春の花も観られます。

仮にソメイヨシノの満開の時期から少しズレて訪れても充分に楽しめます。

江ノ電・長谷駅からは徒歩5分、鎌倉大仏のある高徳院へ続く道中にあるので、立ち寄るのも簡単です。

高徳院鎌倉大仏の関連記事一覧

スポンサードリンク -Sponsored Link-


当サイトの内容には一部、専門性のある掲載がありますが、これらは信頼できる情報源を複数参照して掲載しているつもりです。 また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。