銭洗い水(銭洗井)【鎌倉五名水】のご利益と歴史・名前の由来を知る‥‥アフぅん💘

スポンサードリンク

銭洗い水(銭洗井)にはどんなご利益がある❓

1185年(文治元年)巳月巳日に源頼朝の夢枕に宇賀福神が立ち、その神託によって現在の水源が見つかった。

以来、この水源を神と崇め、供養する風習が生じる。

星霜経て、幕府より当地を下賜された北条時頼も福神に尊信を寄せ、巳の日に小銭を洗って福銭としたことから、以来、巳の日が福神(宇賀福神)との縁日となってい‥‥‥申す。チャリン(お金が落ちる縁起が良い音を表現)

銭洗弁天の湧き水がある窟内部の様子

しかしながら、江戸時代に編纂された鎌倉の風土記・地誌や歴史を伝える「鎌倉志」などには福神が銭を洗ったとする記述が見えるのみで、それ以外のことは記されていない。

それどころか、江戸時代の数ある鎌倉の風土記・地誌にも銭洗い水に関してはあまり出てこない。

すなわち、江戸時代にはお金を洗う風習がなく、その霊験も広く知られていなかったことになる。

銭洗い水(銭洗井)のご利益

今日までの言い伝えによると、銭洗い水(銭洗井)で小銭やお札などのお金を洗うと、数倍になって返ってくるという霊験がある。

巳の日には御祭神である宇賀神の縁日とされ、例年、多くの人が早朝から訪れる。

他、宇賀神が蛇の身体をしていることから、蛇の好物である生卵をお供えすると、より一層、霊験あらたかな利益に恵まれると言い伝えがある。

なお、生卵は境内の売店で販売してい‥申す。んゴック(生卵を”なかやまきんに君”のごとく、一気飲みした様子を表現)

関連記事一覧

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ