江島神社「中津宮」の御朱印・境内見どころ(庭園・水琴窟(水みくじ)・歌舞伎縁起物・眺望など)

スポンサードリンク

江島神社で最も有名なのは、いわばメイン観光地になっている辺津宮ですが、江島大明神(別名、宗像三女神)をお祀りしている江島神社には、ほかに中津宮と奥津宮が存在しています。

今回は、江の島島内の少し奥側にある中津宮について、その歴史と詳細をご紹介します。

中津宮

読み方

なかつみや

別名

上之宮(かみのみや)

造営年

853年(文徳天皇仁壽3年)

再建年

1689年(元禄2年)

改修年

1996年(平成8年)・・・全面改修
2011年(平成23年)・・・拝殿床張り替え、御札授与所の再建、庭園が開園

屋根の造り

権現造

ご祭神

市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)

庭園の開園時間/入園料金

9時00分~16時00分
入園料:無料

中津宮の御朱印

中津宮の御朱印は、以下の2種類の御朱印を授与されています。なお、中津宮で御朱印の授与は行っていません。辺津宮の授与所で授与されています。

中津宮の御朱印

  • 初穂料(値段):300円
  • 授与場所:辺津宮前の授与所

江島神社三宮総称御印

江島神社の辺津宮・中津宮・奥津宮の3社の御朱印です。

  • 初穂料(値段):300円
  • 授与場所:辺津宮前の授与所

江島神社の御朱印は、以前は「江島神社」と「弁財天」のみでしたが、2019年に合計10種類(通常)に増えています。

その際、中津宮の御朱印も、新たに加わっています。

なお、江島神社のすべての御朱印は、辺津宮の社務所で授与されています。中津宮では授与されていませんので、ご注意ください。

※江島神社の御朱印について詳しくは、当サイトの「【限定御朱印もあった!?】江島神社の御朱印の「種類・初穂料(値段)・授与場所・授与時間など」」でご紹介しています。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






中津宮の境内見どころ

権現造

中津宮本殿は手前から拝殿、中央に相の間(あいのま)、最後尾に本殿から成る権現造(ごんげんづくり)をしています。相の間とは、通常の神社で例えると幣殿(へいでん)のことです。

権現造が用いられている寺院として有名な寺院がありますが、お分かりになりますかぃ?

‥‥そうです!日光東照宮です。

他に、久能山東照宮など、日本全国の東照宮シリーズでもみかけることができます。

「権現造」の詳細に関しては下記ページにて詳しく述べています。

拝殿の煌びやか且つ、繊細な彫刻

拝殿は江ノ島を代表する見どころの1つといえます。

海老虹梁

花柄の透かし彫りが施された手挟

獅子と獏(ばく)の木鼻

再建当時の朱色を再現

中津宮の拝殿は、目の覚めるような朱色が大変特徴的です。

この朱色は1996年(平成8年)の大改修によって色づけられたものですが、1689年(元禄2年)の再建当時の色をそのまま再現しています。

江戸時代にタイムスリップしたかのような感覚を味わえるでしょう。

拝殿とそのまわりの景色

歌舞伎一座によって奉納された石燈籠

弁財天(江島大明神)は、芸能の神であったことから、江島神社は江戸歌舞伎役者からのあつい信仰を受けていたと言われています。

中津宮参道に立つ一対の石燈籠は、江戸歌舞伎の市村座、中村座が共同で奉納したものと伝えられていますので、参拝時にはぜひ注目してみましょう。

音羽屋七代目、尾上菊五郎手植えの「しだれ梅」

なお、1985年(昭和60年)には、燈籠奉献二百年を記念して音羽屋七代目、尾上菊五郎によって、シダレウメが植樹されています。

菊五郎のしだれサクラ

1782年(天明2年)、江戸歌舞伎を代表する江戸三座の「中村座」の寄進による石灯籠はここに200年の歴史を経て参りました。

菊五郎のしだれザクラは献燈200年を記念して江ノ島弁財天に参拝された尾上菊五郎丈の手植えにより、献樹されたものでありんす。

昭和60年9月23日

音羽屋五代目「尾上菊之助」・音羽屋七代目「尾上菊五郎」の手形

本人の本物の手形になります。手を合わせてみて、どのくらいの大きさだったのかを測り知ることができます。

人の手形に手を合わせるのって何だか、ちょっと火照っちゃぅ…ポっ

水琴窟のある庭園「装瞭停」

水琴窟

2011年(平成23年)に開園した中津宮横の庭園には、美しい音を奏でる水琴窟が据えられています。

中津宮の庭園および水琴窟は中津宮拝殿前の授与所の脇に扉があり、そこから進入することができます。

⬆️写真は営業時間外に訪問したので扉が閉ざされている。この扉の奥に庭園がある。

水琴窟とは、水盤の水を柄杓すくって、それを足元にある石が敷き詰められている所へ流すと‥あらまなんとも摩訶不思議!

耳を澄ませると水が垂れる音が鐘の音のように聞こえるじゃあーりませんか!

これは敷き詰められている石および水盤の下が地下洞窟になっており、もしくは巨大な甕(かめ)が伏せられた恰好で設置されており、その甕の上部にわずかな穴が空いているために音が響く構造になっています。

この音を聴くだけで運気アップ、金運アップの効果があると伝えられています。

いわば金運のパワースポットですので、中津宮を訪れた際には忘れずに庭園を回ってみましょう。

案内板の内容

水琴の音のご神効

水琴の音に含まれる高周波が心身の浄化、運気向上と幸運を招いてくると言われています。

癒し効果

水琴の音はその水滴の音が自然の音であるため、心地よい感じをもたらせます。

覚醒効果

水琴の音は眠っている細胞を覚醒させ、活気づける効果をPもたらせます。

浄化効果

水琴の音はその周辺の周波数を上げます。場が整うという現象が起こり、活性化され「スッキリする」「気持ちが良い」と言った心身が浄化される様な感じがします。

運気上昇

水琴の音を日々、継続的に聴くと、体内の周波数が高まり、幸運や金運を引き寄せやすい体質になります。

マイナス要素を除く

水琴の音を日々、継続して聴くと自分が持つマイナスの要素への執着心を無くしプラス思考へと変わっていきます。

水琴の音は自然がもたら音なので人が持つ波長を刺激し、「よく眠れるようになった」「心身の不調がとれた」「前向きな気持ちになった」などプラス思考になる体験をした方々が多くいらっしゃいます。

水琴窟で「開運水おみくじ」引いちゃおぅ!

中津宮では、水琴窟があることにちなんで庭園脇にある社務所(授与所)にて、「開運水みくじ」なるおみくじを授与されています。

「水みくじ」とは、名前の通り、昨今、よく見かける「水に濡らすと、あらま何とも不思議しぎしぎ摩訶不思議!なんとぉぅ!結果ともども書かれている内容が浮かび上がってくるという代物みくじ。

そこでワタクシめも引いてみたのですが‥‥‥その結果がコレ。

『小吉』

‥‥‥まぁ、なんとか幸先の良いスタートを切れそうでゴンした。キュわハハハハっ

古帳庵の句碑

この石碑は謎が多いわりには、そこそこ知られた石碑であり、全国の寺社でも見かけることがあります。

奉納者は古帳庵こと鈴木金兵衛と、その妻と思われる古帳女。

鈴木金兵衛は、1781年(天明元年)に現在の埼玉県越生町黒岩の出身で江戸へ上京した後、小網町3丁目に住居を構え、商人として大成します。

ある時、商売を近縁の者に譲り、自らは六十六部(巡礼者)になって約10年かけて全国の神社仏閣を巡礼した人物とされています。

巡礼した折、石碑を奉納することもあり、これはそのうちの1つとされています。

1743年(寛保3年)の刻銘が見える石灯籠

弁天講中の信者一同により奉納された灯籠と思われる。名前が無数に刻字されている。この信者の多さからも往時の江ノ島詣のブームというものの凄さがシンミリと伝わってくるというもの。オホ


スポンサードリンク -Sponsored Link-






狛犬像

阿形像

刻銘:「宝暦13年癸末歳 五月 吉祥日」

吽形像

刻銘:「宝暦13年癸末歳 五月 吉祥日」

市村座奉納灯籠一対

1777年(安永6年)に江戸葺屋町(ふきやちょう/現在の中央区日本橋人形町)にあった芝居小屋の市村座が奉納した灯籠。

市村座は、1667年(寛文7年)頃、市村宇左衛門が始めた芝居小屋でゴンす。

1842年(天保13年)に葺屋町から猿若町(さるわかちょう/現在の台東区浅草)へ移転し、1892年(明治25年)には下谷二長町(現台東区台東)へ移転。

大正から昭和初期にかけては、初代中村吉右衛門や六代目尾上菊五郎が活躍しましたが、1932年(昭和7年)に焼失し申す。

中村座奉納灯籠一対

1782年(天明2年)に江戸堺町にあった芝居小屋の中村座やその関係者一同が奉納した灯籠でゴンす。

中村座は初代中村(猿若)勘三郎によって1624年(寛永元年)に中橋広小路(現在の中央区京橋)に「猿若座」という名前を付して開演。以来、隆盛の一途をたどり、江戸で最も知られることなる芝居小屋です。

1651年(慶安4年)に堺町(現在の中央区日本橋人形町)へ移転し、さらに1842年(天保13年)には猿若町(現台東区浅草)へ移転しています。

明治時代にも移転し、名前を変えたようですが、1893年(明治26年)に焼失しています。

なお。この中村座の座元の家柄が中村家(中村屋)です。

春日釣灯籠の石碑

刻銘
  • 昭和3年 1月巳日
  • 東京市芝区三田南町町2丁目
  • あるまん古太輔 吉永富久

手水鉢

刻銘

元禄三年(1690年) 癸未 十一月六日

江島 上之宮

中西市兵衛○〇〇

謎の茂み

奥へ行ってみたい気もするが‥‥‥ムカデとか蛇にかまれるとか‥‥‥、あぁ、イヤイヤ。

中津宮からの見晴らし(眺望)は最高!

この中津宮は江ノ島でいうと山頂付近に位置することから、眺望は見事なものでガンす。

例えば下掲写真のように木々の間からは、ヨットハーバーやその向こうに腰越海岸と片瀬東浜海岸が一望できまする。

よく晴れた日には、プカプカと平和そうに浮かぶ、思わず沈めたくなくなるようなヨットの群れも映えます。

江ノ島エスカ3

この中津宮の境内(敷地内)には江ノ島エスカの降り口がありまする。

足腰に自信のない方は有料ですが、エスカを利用すると便利です。エスカは名前の通り、クソ長いロぅぉ〜ングなエスカレーターなので、好奇心旺盛な方もその気持ちが抑え切れなくなっていることでしょう。

初めて乗ると、思わずウぃっキ〜!などという雄叫びのような愚かな奇声を発してみたくなるほど楽しめ‥‥‥るんか?

エスカの営業時間・料金
  • 営業時間/9:00~19:05
  • 料金/全区間 大人 360円、小人 180円

※営業時間・料金は変更になる可能性あり。詳細は下記江ノ島エスカ公式サイト(江ノ島鎌倉ナビ)にて確認!

中津宮の歴史

市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)を祀る中津宮は、853年(文徳天皇仁壽3年)に、「上之宮」として創建されました。

創建者である慈覚大師とは、第3代天台座主も務めた「円仁」のこと。

天台宗確立の功労者である円仁(生794年〜没864年)ですが、鎌倉にも縁深く、さらには浅草寺の開山にも貢献するなど、関東一帯に目覚ましい仏教的な足跡を残しています。

龍神・天女伝説の信仰が弁財天信仰と習合した

当時は神仏習合によって、神と仏との境目は非常に曖昧で、江の島に伝わる竜神・天女伝説の信仰もまた、仏教的な弁財天信仰と同一視されていました。

そして、弁財天信仰もまた、開運と財運を守護する宗像三女神信仰と習合していったのです。

なお、江ノ島において弁財天信仰が存在した証拠の1つとして、1182年(寿永元年/平安時代)の4月に真言宗の僧侶「文覚(もんがく)」によって江ノ島大弁財天が勧請(かんじょう/=もたらすされ)され、開眼供養(かいがんくよう/=仏の魂を仏像に降臨もしくは憑依させる)を行ったという伝承が残されています。

この事実から少なくとも、1182年以前からこの江ノ島に弁財天信仰に類似した何かしらの信仰が存在した可能性が示唆され、一説では江ノ島全体が山伏などの修験道の修行場として、島全体をくまなく巡拝する行道修行(ぎょうどうしゅぎょう)が行われていたとも考えられています。

慈覚大師円仁が上之宮(中津宮)を創建した理由とは?

そこで、慈覚大師円仁は、当時の有名な修験場であった江の島岩屋と、その御旅所である本宮(現在の奥津宮)の御利益をさらに明らかなものとすべく、上之宮を創建したと考えられます。

中津宮は、奥津宮に比べて、江の島の入口に近い方角に存在しており、江の島の奥まで進まなくとも神を参拝できる場所として設営されたとも予想されます。

現在では、最も江の島の入口に近い辺津宮が、一番人気とも言える参拝所となっているわけですが、辺津宮の創建までは、中津宮が最も参拝しやすい社殿であったはずです。

853年の中津宮創建から、1206年の辺津宮創建まで、実に353年の時間が経過しています。

353年もの間、中津宮は江の島の弁財天信仰を担う重要な拠点であったことは間違いないでしょう。

往時の上之宮(中津宮)境内の様子

下掲画像に見える絵図は江戸時代後期の江ノ島の様子を描いたものです。この絵図は当時の参拝者や観光者に有料で販売されていた島の地図になりまする。

これによれば当時の上之宮(中津宮)の境内には次のような堂舎や鐘楼(鐘)が軒を連ねていたことになります。

  • 護摩堂、本地堂、地蔵堂、鐘楼(宝永七年銘の梵鐘)、楼門

上之宮(中津宮)にて奉安されていた仏像一覧

  • 慈覚大師作とされる「弁財天坐像」
  • 蛇形の石造り弁財天像
  • 楼門内に妙音弁財天像

妙音弁財天像が奉安殿の「裸弁財天」?

風土記稿によれば、妙音弁財天像が現在、辺津宮脇の奉安殿内部に安置される「裸弁財天」であるとされています。

江の島散歩におすすめのコース

辺津宮から中津宮、中津宮から奥津宮までは、それぞれが徒歩10分ほど。

もちろん、中津宮までは江の島エスカーもあります。

歩いて行ってもちょっとしたいい運動になり、おすすめのコースですので、ぜひ気持ちの良い散歩に訪れてみてくださいね。

※超強力に恋愛運アップ! パワースポット辺津宮と見どころ満載の奥津宮については、当サイトの「江島神社「辺津宮・茅の輪・むすびの樹」」「江島神社「奥津宮」」をご参照ください!

※金運と恋愛運をアップする!? 辺津宮の注目スポット、奉安殿と銭洗白龍王につきましては、当サイトの「江島神社「奉安殿・銭洗白龍王」」をご参照ください!

中津宮(江島神社)への交通アクセス

関連記事一覧

関連記事:

関連記事:

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ