鎌倉・鶴岡八幡宮「源平池」

スポンサードリンク

鎌倉・鶴岡八幡宮「源平池」

完成年

1182年(養和二年)

大きさ(広さ)

  • 源氏池:8000㎡
  • 平家池:4000㎡

鎌倉・鶴岡八幡宮「源平池」のの歴史・由来

鶴岡八幡宮の三ノ鳥居をくぐってすぐの太鼓橋の左右両側には、池が造られています。

太鼓橋の下で繋がっているので、厳密には1つの池ですが、境内に向かって右が源氏池、左が平家池、あわせて源平池と呼ばれています。

鎌倉時代前期の歴史書『吾妻鏡』によると、1182年(養和二年)4月、源頼朝は、彼が崇拝した伊豆山神社の別当、専光坊(せんこうぼう)や、源氏側について源平合戦を戦かった大庭景義(おおばかげよし)らに命じて池を掘らせたといいます。

源平池は水田だった場所を池にしたもので、当初の池は現在の池よりも3倍程度広く、現在の流鏑馬馬場があるところのすぐ南側まで広がっていたようです。

さて、当時、源平池は、鶴岡八幡宮の放生池の役割を果たしていました。

放生池とは、捕まえた魚などを放す放生会という仏教の法会を行うための池です。

神社で寺の行事?

と思ったあなた、鋭いですね!

実は、鶴岡八幡宮は創建当初、鶴岡八幡宮寺という、神社と寺が同居する神宮寺でした。

したがって、仏教の法会である放生会も行われたのです。

鶴岡八幡宮では現在でも、蛍放生祭や鈴虫放生祭が行われています。



スポンサードリンク -Sponsored Link-







源氏池と平家池の由来

一般的には、源氏池には3つの島を築き、「三」を「産」にかけて源氏の繁栄を祈ったと言われています。

一方で平家池には4つの島を築き、「四」を「死」にかけて平氏の滅亡を祈ったということです。

1182年というと、源平合戦の真っ最中です。

源平池は、北条政子が夫である源頼朝の勝利を願って造らせたとも言われ、当初は4つずつだった島の数を、源氏池だけ3つにさせたのも、政子だとも伝えられています。

また、現在は2色の蓮が入り乱れていますが、池を造った当初は、源氏池には源氏の白旗にちなんで白い蓮、平家池には平氏の赤旗にちなんで赤い蓮が植えられたといいます。

ただ、源平池という名称が使われ始めたのは江戸時代になってからのようですから、これらの伝承も、江戸時代になって出来上がったもののようです。

おわりに・・

いかがでしたか?

源平池に伝わる源平合戦にまつわる様々な言い伝え、なかなか面白いですね!

源平池では、3月末から4月初めにかけては桜、7月中旬から8月初めにかけては蓮が見ごろを迎えます。

機会があれば、季節の花もぜひ楽しんでくださいね!

鶴岡八幡宮の拝観情報や回り方の詳細は、当サイトの以下のページ↓でご紹介しています。

鎌倉・鶴岡八幡宮の拝観時間(営業時間/開門・閉門時間)・拝観料金(割引情報)・境内地図・回り方

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ