鎌倉大仏(高徳院)「わらぞうり」

スポンサードリンク

鎌倉大仏(高徳院)「わらぞうり」

奉納開始年

1951年

大きさ

長さ1.8m、幅0.9m、重さ45kg

鎌倉大仏(高徳院)「わらぞうり」の歴史・由来

高徳院のわらぞうりは、茨城県常陸太田市中野町の松栄(まつざか)子供会によって作られ、奉納されるようになりました

初めて奉納されたのは戦後間もない1951年(昭和二十六年)で、もともとは旧郡戸村産業祭に出品したものでした。

そのわらぞうりに、「大仏様に日本中を行脚し、万民を幸せにしていただきたい」という願いが込められて、高徳院に奉納されることになったのです。

1956年(昭和三十一年)からは3年に1回取り換えられており、現在までおよそ60年に渡って、奉納が続いています。

わらぞうり作りは今でも常陸太田市の保存会メンバーを中心に、子どもから大人まで、住民が協力して行っています。

直近では2017年2月に新しいぞうりが作成されました。

軽トラック1台分のわらを用意し、そのわらをより合わせ、およそ8時間を費やして編み上げたということで、3月に高徳院へ奉納されました。

小さいお子さんが前に立つとわらぞうりの大きさが際立つということで、人気の写真撮影スポットにもなっています。

鎌倉大仏(高徳院)「わらぞうり」の場所

わらぞうりは、大仏像の向かって右側の廻廊の壁面にかけられています。

大きなぞうりなので、探さなくても見つかりますよ!

おわりに・・

高徳院の境内の中で、大仏像と並ぶ存在感を示しているのが、このわらぞうりです。

今まで60年以上にわたって奉納が続けられてきた大きなぞうりを、戦後の子どもたちの願いに思いを馳せながら眺めてみてはいかがでしょうか。

鎌倉大仏(高徳院)の拝観情報や回り方については、当サイトの以下のページ↓でご紹介しています。

高徳院・鎌倉大仏の拝観時間(営業時間/開門・閉門時間)・拝観料金(割引情報)・境内地図・回り方

スポンサードリンク -Sponsored Link-


当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ