鶴岡八幡宮の歴史と歩み(年表)

スポンサードリンク

鎌倉時代

1063年(康平6年)8月、源頼義が石清水八幡宮を鎌倉由比ガ浜に勧請す。ここに社殿を創建す。

1081年(永保元年)2月、源義家が由比の社殿を修理する。

1180年(治承4年)10月、源頼朝が鎌倉入り、由比の若宮を小林郷北山(現在の若宮わたり)に移す

1181年5月、鶴岡若宮の造営を新たに始める。

1182年3月、頼朝卿が嫁・政子の安産祈願のため、社頭より由比ノ浦に至るまでの参道(若宮大路・段葛)を造成することを命じる。

1182年4月、頼朝卿、社頭の水田三町余を苑地(源平池)に替えることを命じる。

1182年9月、初代別当の円暁が鎌倉に下向。頼朝卿から八幡宮寺別当職に任ぜられる。

1184年2月、平家追討の祈祷を鶴岡若宮にて執り行う。

1186年4月、頼朝卿と政子夫人が参詣す。静御前の舞を観覧。

1186年8月、頼朝卿が参詣中の西行法師と出会い、和歌と弓馬の故実を尋ねる。

1187年8月、初めて放生会を執り行う。流鏑馬を開催す。

1189年3月、鶴岡法会を開始す。頼朝卿が亡母の供養のため、五重塔を発願。建設が開始される。

1189年6月、頼朝卿、奥州征伐の祈祷を命じる。

1191年3月、小町大路より出火。若宮、五重塔、廻廊、経所などが焼失す。

1191年11月、鶴岡八幡宮、若宮、末社などの遷宮が執り行われる。

1192年正月、初めて修正会が執り行われる。

1192年7月、勅使が下向す。鶴岡八幡宮西廊にて頼朝卿に征夷大将軍の辞令を申し伝え候。

1200年12月、尊暁が別当(二代目)に補任される。

1206年5月、定暁が別当(三代目)に補任される。

1208年、神宮寺が創建される。

1216年8月、定暁が境内に北斗堂などの脇堂を建立す。

1217年6月、公暁が別当(四代目)に補任される。

1219年正月、右大臣拝賀のため参詣した実朝を別当・公暁(甥)が殺害す。

1221年5月、承久の変が勃発す。大仁王会が執り行われる。

1225年正月、最勝八講をはじめて執り行う。以後、恒例となる。

1232年4月、頼経が鶴岡上下宮に5日間参拝す。

1241年4月、大地震に伴う津波により、由比浦大鳥居内の拝殿が流失す。

1247年6月、三浦の乱により、別当定親(八代目)が縁座で止められる。隆弁が別当(9代目)に補任される。

1251年11月、八幡大菩薩御影像を別当坊に祀る。

1257年閏3月、執権時頼の発願にて以後、毎年、大仁王会が執り行われる。

1266年9月、中原光氏が裸形弁財天像を鶴岡舞楽院に安置す。

1280年11月、火災発生す。上宮・末社・楼門など多くの建造物が焼失す。

1281年11月、11月、前年焼失した神殿が復興される。御正体の遷宮が執り行われる。

1285年3月、北条貞時の発願により、長日座不冷本地供養法が始まる。

1296年2月、火災により、上下宮・廻廊・北斗堂・神宮寺などを焼失す。

1296年12月、社殿が再建される。遷宮が執り行われる。

1313年5月、幕府が鶴岡社内と付近に6か条の禁制を発出す。

1316年11月、再建した社殿が完成す。遷宮を執り行う。

1333年5月、鎌倉幕府が滅亡す。別当有助(第一七代)は東勝寺にて自害す。新田義貞が若宮拝殿し、首実検を行う。神殿の重宝を披見す。

1333年9月、覚助が検校職(第18代別当)に補任される。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






室町時代(戦国時代)

1335年8月、足利尊氏が佐々目郷の領家職を寄進す。座不冷を再開す。

1336年6月、覚助が罷免される。頼仲が別当(第19代)に補任される。

1385年11月、足利氏満が鶴岡社内に6か条の禁制を発出す。

1414年4月、院宣を受けて別当の御影堂を勅願寺とす。八正寺と号す。

1415年正月、供僧の坊号を改め、院号とす。

1434年3月、足利持氏が血書願文を奉納す。大勝金剛尊を造立す。

1455年2月、足利成氏が今川憲忠に攻められ古河へ去る。供僧4人が同行す。

1479年1月27日、江戸城西方の鎮守神として太田道灌が鶴岡八幡を江戸番町に勧請す。

1526年11月12日、里見 義堯が乱入し、北条氏綱の軍と合戦になる。諸堂が炎上す。

1540年11月、氏綱が上下宮ほか諸堂を再建す。正殿遷宮を行う。

安土桃山時代

1590年7月、豊臣秀吉は北条氏を滅ぼした後、八幡宮に参詣。頼朝卿の像を見る。

1591年5月、秀吉の命により、「修営目録見絵図」が作られる。

1593年、この年、徳川家康公が安楽院など、新たに五院家を再興させ、十二院とす。

江戸時代

1626年、当年、徳川秀忠が命じていた造営工事が完了す。

1667年(寛文7年)、若宮玉垣内にある椰木(ナギの木)を伐採するか否かの評議があり、神の意向を窺うための神事が執り行われる。

1703年11月、大地震により、黒門、石垣、灯篭などが転倒す。

1821年正月、置石町からの火災により、上宮、楼門、廻廊などが焼失す。

1828年、江戸幕府11代将軍、徳川家斉の命により本殿などが造営される。

明治時代

1868年3月、太政官により、神仏混淆が禁止される。これにより廃仏毀釈の動乱の時代に突入す。

1868年4月24日、仏教的神号の八幡大菩薩が明治政府により廃止される。

1868年7月19日、石清水八幡宮以下、鶴岡八幡宮などの放生会は中秋祭に変更される。

1870年5月、仏教関係の諸堂を取り除き、官寺としての鶴岡八幡宮が廃絶す。

1871年5月14日、社格制度が制定される

大正時代

1917年1月、段葛の八幡宮境内編入が許可される。

1923年9月1日、関東大震災で、多くの建造物が崩壊・消失す。

1928年4月3日、鎌倉国宝館が開館す。

昭和時代

1928年4月3日、鎌倉国宝館が開館

1951年11月17日、平家池のほとりに神奈川県立近代美術館が開館す。

平成時代

2010年3月10日、4時40分頃に、強風のために大銀杏は根元から倒壊す。

段葛の歴史については下記ページにて別途、詳しく述べています。

関連記事一覧

関連記事:

関連記事:

関連記事:

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ