亀石(亀甲石)の由来やなぜこの場所に置かれているのか?|【鎌倉4名石】

スポンサードリンク

亀石(亀甲石)

大きさ
  • たて寸:約90cm
  • 幅:約60cm
奉納者
  • 不明(奥津宮拝殿周辺に転がっていた石コロ)

亀石(亀甲石)の読み方

亀石は「かめいし」、亀甲石は「きっこういし」もしくは「きっこうせき」とも読みます。

亀石(亀甲石)の由来

この亀石(亀甲石)は、鎌倉4名石の1つ「蔵六石」とも称されるほどの石コロころころドコいった‥‥‥でゴンす。

亀石(亀甲石)とはどんな石?

たて寸:約90cm、幅:約60cmくらいの亀の甲羅の文様がある石コロころころドコいった‥‥‥です。

亀石(亀甲石)の由緒(歴史)

斎藤月琴(幸成)の『武江年表』の1806年(文化3年)4月の記事には次のように書かれています。

『弁秀堂何某弁才天を信じ金光明最勝王経を書写し、清浄の地へ納めんとして上へ置くべき石を求めしに、はからずして亀の形したる石を得たり(竪三尺横二尺)。江の島へ奉納す』

分かりやすく訳すと、弁財天を信仰し、金光明最勝王経を書写して当地へ納めようとして、その上に飛ばないように置石を探していたところ、竪(たて)三尺(約90cm)、横60cmくらいの亀の形をした大変、縁起の良い石を見つけた。その後、写経を奉納した。

武江年表とは?

「武江」とは、「武蔵国江戸」という意味。

徳川家康が江戸に入国したとされる1590年(天正18年)〜1873年(明治6年)までの間の江戸・東京で起こったことを書き記した旧書でゴンす。

亀石(亀甲石)がある場所(地図)

江島神社・奥津宮手前の手水舎付近。

関連記事一覧

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ