裏ワザあり!長谷寺のあじさい時期の混雑状況(混雑を避ける方法)について

スポンサードリンク

長谷寺はもちろん、鎌倉全体が、あじさいの時期に大混雑を迎えます。

まるで初詣のような、いや、それ以上と言うべきかもしれません。

この混雑を回避する方法は……? 神奈川県民とっておきの方法をご紹介します。

混雑回避その1:鎌倉駅を朝7時までに通過する

長谷寺には、鎌倉駅から江ノ電に乗車しますが、あじさいの時期は鎌倉駅が「何かの間違いではないのか」というレベルで大混雑します。

鎌倉駅から長谷寺のある長谷駅までは、江ノ電で3駅、所要時間はわずか5分。

それなのに、鎌倉駅で江ノ電に乗車することができず、30分1時間足止めを食うなんてザラなのです!

そこで、混雑を回避するためには、まず鎌倉駅を早い時間に通過してしまう必要があります。

神奈川県民のおすすめは、朝7時まで!

この時間なら、通勤通学でそれなりの人出はあるものの、ほどほど止まりで江ノ電に乗車できる可能性が高いでしょう。

混雑回避その2:朝7時までに藤沢駅から江ノ電に乗車する

こちらは裏ワザ的手段です。

江ノ電は、鎌倉駅から藤沢駅までをおよそ40分で結ぶ電車です。つまり、長谷寺のある長谷駅へは、藤沢駅からもアクセスできるということ。

藤沢駅から江ノ電に乗車して、11こ目の駅が長谷駅です。

藤沢駅から長谷駅までの乗車所要時間は30分ですが、藤沢駅を出るのが遅れてしまうと長谷寺の寺門前で混雑に巻き込まれてしまいますので、藤沢駅を通過する時間はやはり遅くても朝7時が目安となります。

混雑回避その3:長谷寺の開門8時前に並ぶ

最後の混雑回避ワザは、「開門前に並ぶ」ということ。

長谷寺の開門時間は、通年で8:00です。

長谷駅から寺門までは徒歩5分前後で到着しますが、あじさいの季節は混雑時、60分、120分など、「ディ○ニーリゾート?」級の入場規制や行列になるので、のんびりしているヒマはありません。

ウソつけー! と思ったあなた!

なんまいだ。本当です。

というわけなので、それぞれの方法で長谷駅に到着したら、一目散に寺門を目指し、開門前に並びましょう。

平日午前中(混み具合:中)に訪れる

朝早くに訪れる以外の方法としては、平日の午前中に訪れるという方法があります。

平日の午前中は、主婦のおくさま方が主に訪れる時間帯で、男性や子どもが少ないため、120分待ちになる可能性はほとんどありません。

比較的空いた状態で眺望散策路を楽しめる可能性が高いでしょう。

午後は夕方に向かって、徐々に人出が増えます。お早めに。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






整理券をもらって他の寺社めぐりもおすすめ!

長谷寺では、あじさいの混雑期、あじさい散策路の入場にあたって整理券が配布されます。

この整理券があれば、当日に限り、一旦境内の他の場所を見に行ったり、お寺から離れたりすることも可能。平日は17時、土日は18時まで、境内への再入場も可能になります。

朝早くの混雑回避がツライなあ……と思う場合は、中途半端な時間に行かずに整理券をいただき、待ち時間に他の寺社を回る……というのもおすすめですよ。

待ち時間に…こちらもおすすめ!御霊神社のあじさい

長谷寺から徒歩10分かからない場所に、御霊神社があります。

御霊神社の鳥居の目の前には、江ノ電が走っており、その両脇には、高い位置に桜、低い位置にあじさいが植えられています。

つまり、季節の花々を江ノ電とともに楽しめる場所として、御霊神社も大変人気のスポットなのです。

御霊神社では、社殿の裏側にも多くのあじさいを見ることができます。混雑もしますが長谷寺ほどではなく、平日の朝や夕方は比較的空いていますよ。

御霊神社の拝観案内

  • 住所:神奈川県鎌倉市坂ノ下4-9
  • TEL:0467-22-3251
  • 拝観料:無料 ※宝物庫は大人100円、小人50円
  • 拝観時間:境内自由 ※宝物庫・授与品所は9時から17時
  • アクセス:江ノ電長谷駅から徒歩3分

長谷寺の関連記事一覧

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ